So-net無料ブログ作成
検索選択

驚くことは何もない。 [雑感]

「印象操作(森友、加計学園問題)で建設的な議論ができなかった」安倍首相が責任を野党になすりつける | BUZZAP!(バザップ!)

本気で、反省するなら、アベノミクスの失敗を認め、安保法制や共謀罪の成立も反故にして、憲法改正も白紙撤回し、さっさと辞任すればいい。夫人と一緒に居酒屋経営でもしていればいいのだ。ところが奴は、野党に責任をなすりつけた上で、疑惑を晴らすような説明を一切しようとしない。やつの言葉のどこに反省と謝罪があるのか。

安倍総理が反省しないのはいつものことだし、嘘ばかり言うのもいつものことだから、驚くことは何もない。とにかく、早く死んでほしいだけだ。


腹の虫が治まらない。 [雑感]

本日会見、安倍首相にだまされるな! 加計、森友、共謀罪から学歴詐称まで安倍はこれだけウソをついてきた!|LITERA/リテラ

安倍総理は本気で反省しているのなら、民主主義的な議論を完全無視し、数の力で強行採決をはかり、国家権力を強化するための「共謀罪」を成立させるようなことをしないはずだ。いまさら「ごめんなさい。反省しています。でも、がんばらせてください。今後とも応援よろしくね」なんて言われても、「はあ?」の一言しか出ない。国民をなめんじゃなえよ!

今からでも遅くはないので、本気で反省しているというのなら、国民の前で腹を切るか、それが嫌なら、お腹を壊して入院して辞任するかどちらかにしてほしい。もう顔を見るのも嫌である。貧乏神みたいなあの顔を見ているだけで、日本が不景気になっていることを総理自らが自覚すべきだ。

安倍政権は「岩盤規制に穴を開けようとしただけ」と言って、加計学園に対する便宜への追及を逃れようとしているが、それこそ安倍が得意とする「印象操作」なのである。野党による「印象操作」には、カッと腹を立てるが、自分が行う「印象操作」は「印象操作」ではないと思っているらしい。アタマがおかしいのだろう。そういう奴は人間としてもっとも信用できない奴だ。

官僚が固く守っている「規制」というのは、国民から集めた貴重な税金を、時の政府が恣意的に使用しないようにするためのもので、そこに恐喝や恫喝によって強引に穴を開けようとするのは、国民の意志に反する行為である。国民は断じて許すべきではない。「規制」は、安倍政権のような自分勝手な政府の横暴を許さないためにあるもので、自分たちの私腹を肥やさせない規制を「岩盤規制」と呼ぶことで、何か「規制」そのものが悪いことでもあるかのように、「印象操作」をする安倍政権は万死に値する。死ね。

腹ぎたない安倍政権による政治の私物化と国家権力の強大化が今後も続くと考えると、恐怖におののかざるをえない。よく映画や小説には、「正義の味方」面をしている奴が、本当は最も悪いやつだったという落ちがよくあるが、安倍政権のオチはきっとそうなるはずだ。あまりに腹黒いやつだから、最後は腹背に敵をうけて死ぬのだろう。そうしてくれないと、腹をすかせた私らの腹の虫がいつまでも治まらない。


加計学園獣医学部新設めぐり今治市民は勘違い?「カツアゲ」の指摘も [雑感]

加計学園獣医学部新設めぐり今治市民は勘違い?「カツアゲ」の指摘も - ライブドアニュース

「今治市の試算では、獣医学部誘致によって年間3000万円の税収増が見込めるというのですが、これでは元が取れるまで320年もかかってしまいます。私たちは、千葉県銚子市と同じような状況になることを危惧しています。」


300年後には日本人の人口が2000人になるという試算がある。300年と言わず100年もしないうちに、日本人よりも日本人が飼育する動物の数のほうがはるかに多くなるはずだ。だったら、人間がウマやシカを研究するよりも、ウマやシカに馬鹿な人間を研究してもらったほうがいいかもしれない。

いつものことだが、ずさんな見積もりにもとづいて、短期的な経済効果を狙ったり、利権の甘みを吸ったりするために、政治家や官僚や民間企業(特にゼネコン)が裏で動いている。儲けが出るのは一時的で、その後はその悪影響が出て、ますます景気が悪くなる。結果、損をするのはいつも一般の納税者である。

残念ながら、そういう連中に好き放題をさせているのは、自民党に票を投じる大多数の一般庶民なので、政治家や官僚や民間企業に文句をいうのは筋違いかもしれない。

今治市は奸智に長けた安倍総理の狡猾な策略によって加計学園に100億円近いお金を巻き上げられるとのこと。ご愁傷様であります。今治市が、近いうちに財政再建団体になることは間違いない。今治市は、安倍総理に殺されたも同然なのだ。

しかし、このような危機にさらされているのは、地方自治体ばかりではない。少子高齢化による人口減少が不可避な状況において、景気回復のためといって、無駄な建物を建てまくっているのだから、日本全体が危機なのだ。おそらく日本全体が沈没するまでに50年とかからないだろう。

残念だが、自民党が政権をしっかりと握っている限り、日本に未来はない。というより、どこの政党が与党であろうが、未来はない。日本は国家としてすでに終わっているのである。

我々に必要なのは、あとはどうやって死んでいくかを考えることだけである。

孤独のドライブ:丹波山温泉のめこい湯 [旅行]

丹波山温泉のめこい湯

今日は「父の日」だが、家族はみな私のことを奴隷だと思っているので、自分で自分のことを労わなければならない。妻はパートで帰りが遅く、子どもたちはネットゲームに夢中で一緒に出かけたがらない。そんなうざい奴らと家にいても平日以上にうんざりするだけなので、潔くひとり旅を楽しんできた。途中まで大滝温泉かほったらかし温泉にでも行ってみようかと思っていたのだが、急遽、行き先を奥多摩に変更した。ほったらかし温泉は次回にしよう。

9時半すぎに出発し、到着したのは1時半。休日だったが、その時間帯はなぜか温泉の中は案外空いていた。おかげでゆったりと温泉に浸かって疲れを癒やして帰ってきた。

帰宅したのは17時半。妻が帰宅する時間は18時過ぎ。ひとり旅を楽しんできたことがバレないように大急ぎで夕飯の買い出しをし、手羽先の唐揚げを作った。父の日なのに、なぜここまで働かされなければならんのだ。ひとり旅は楽しいけれども、なんだか孤独感がよりいっそう募っただけのような気がする。オヤジというのは本当に孤独な生き物である。

IMG_20170618_131729.jpg

IMG_20170618_131852.jpg

IMG_20170618_131903.jpg

IMG_20170618_131931_1.jpg

IMG_20170618_131947.jpg

IMG_20170618_140701.jpg

4、5年前にもらった無料の優待券があったので、それを使わせてもらった。浮いたお金で、お土産を買ってきた。買ったのは3点。じゃがいも(キタアカリ)、鹿肉のソーセージ、山梨県のマルスワイナリーのにごりワイン。




なんだ、ネットでも買えるのか。美味しかったら、注文してみよう。

行きは曇りだったが、帰りは雨。クルマのタイヤの溝が減っているので、気にしていたが、後ろのタイヤが、濡れた路面で滑ってキュッと音がする場面が何度もあった。やはり早めに交換したほうが良さそうだ。タイヤ館などだと、4本交換で、なんだかんだと3.5万円から4万円くらいかかる。だったら、輸入タイヤと安物のアルミホイールのセットを買ったほうがいい。ついでにインチアップもしてしまおう。輸入タイヤだけだと1本送料込みで3.5千円から4千円。タイヤ交換の工賃を入れると、半分の2万円で済むから、そちらのほうがお得感はある。しかし、外した鉄ホイールに、これまた安物のスノータイヤをネット通販で買って、履かせるというのもいいかもしれない。雪道を走る機会がめったにない我が家では、tあだの無駄使いかな。



ドラレコ動画をアップしました。

共通テーマ:旅行

オイル交換は数週間後にしようかな [クルマ]

前回のオイル交換は2017年2月14日だったので、4ヶ月が過ぎた。ワコーズの遅効性のフラッシング剤を入れているので早めの交換が良いらしい。だが、レベルゲージを見ると、大して走っていないせいもあるが、あまり汚れている様子がない。 エンジン音も静かになったような気がするので、効果はあったようだ。

オイル交換は半年に一度で十分だから、あと3週間くらい放置し、もう少しスラッジを落としてもらおうと思う。

問題はオイルよりタイヤだ。前回タイヤを交換してから3年半ほど経過した。タイヤの寿命は4年というから、そろそろ交換しても誰も文句は言うまい。溝が減ってきているだけではなく、ひび割れがひどい。真夏に高速道路でバーストしたら恐ろしいので、7月くらいまでにはタイヤ交換をしようかと思う。ネットで安物を購入し、近所のタイヤ屋さんに持ち込んで交換するのもいいかもしれない。

あるいは、4万円程度で買えるホイール付きのものを選ぶのもいいかな。この先3年半は乗るのは確実だし、我が家は貧乏だから、もしかしたら5年半乗ることになるかもしれないし。

輸入タイヤ&ホイール通販国内最大級AUTOWAY(オートウェイ)

共通テーマ:自動車

「おひとりさま」 [雑感]

一人旅は寂しい そんな人が減ったワケ | 社会 | ニュース | So-net

「おひとりさま」でグーグル検索をすると、旅行サイトや飲食店のサイトだけではなく、いろんなブログが表示される。うちは、子どもたちも高校生と中学生なので、親と一緒に出かけるようなこともなくなった。妻とは10年以上前から「犬猿の仲」なので、一緒に出かけることはない。妻と私は申年と戌年生まれなので、仲が悪いのも仕方がない。

ということなので、これからは私も「おひとりさま」生活を楽しもうと思う。最近は、「おひとりさま」がネガティヴな意味ではなく、ポジティヴな意味で使われることも多いらしい。積極的に「おひとりさま」生活を楽しもうという「おひとりさま」が増えているのだそうだ。今後、全国のホテルや飲食店は外国人観光客をターゲットにした規格だけではなく、「おひとりさま」を呼び込む企画をどんどん展開していってほしい。

ガラパゴス的な発想とは [雑感]

日本はガラパゴスだと言って批判をする人がいる。たとえば、社会制度や工業製品など、欧米の規格に合わないものはすべて自虐的に「ガラパゴス」と呼び、グローバル化に対応するために、欧米に合わせなければいけないなどと主張する。

そもそも彼らは「ガラパゴス」や「グローバル化」を根本的に誤解している。ガラパゴス諸島のイグアナたちが、生き残りをかけて自分たちの生活環境に適応するために独自に進化したという意味なら、何も悪いことはない。もしイグアナたちが他所の島のやり方を真似したとしたら、環境に適応できず、全滅しただろう。だから、独自の進化をすることを「ガラパゴス」を揶揄するようなことこそが、ガラパゴス的な発想であって、そういうガラパゴス的な発想は直ちに捨てなければならないものなのだ。(古来、日本人は大国に合わせようという考え方でやってきたが、いまだにその考えから脱皮できていないのである。)

また「グローバル化」に適応することと、欧米の規格に合わせることとは直接関係がない。グローバル化というのは、単一の世界標準というものがなくなり、あらゆる規格が並列的に乱立することであり、そこには優劣はなくなるということなのだ。もし欧米の規格に合わせるというのなら、それは単なる欧米化にすぎず、グローバル化には適応できていないということになる。

いずれにせよ、日本人は、いまだに「グローバル化」を「西洋化」だと思い続けている。明治の文明開化で受けたショックが抜け切れていないのだ。西洋はその先のグローバル化に進んでいるというのに、日本は相変わらず、西洋の背中を追いかけ続けている。

呆れるほどに、国家を挙げて英語教育に力を入れているのは、日本人の精神の後進性の証拠である。グローバル化に対応するためには、英語さえできればいいという思い込み自体が、グローバル化に対応できいないことの証拠であるということに気づくまでに、あとどれくらいの無駄な時間がかかるのだろうか。

市井では、グローバル化が着実に進行してきており、私の家の近所にもどこかの国から来た人たちが多数住んでいる。彼らはおそらく英語や日本語も十分にできない人たちだ。そういう人たちと一緒に仕事をしたり、仲良く暮らすという状況こそが本当のグローバル化なのである。

私の教え子にもよくいるが、英語ができることで優越感を持って、出来ない人をバカにしたり、外国語を勉強しているくせに、西洋人以外の外国人を差別したり、彼らに恐怖を感じたりしている人がいる。そういうメンタリティーを払拭することこそが「グローバル教育」なのだが、相も変わらず、彼らは英語でちょっとした会話ができたり、TOEICのスコアさえ高ければ、自分は偉いのだと信じ込んでいる。彼らは明治維新から何一つ進歩していないのだ。

これ以上、彼らのような自分の頭で考えることができない「ガラパゴス」な人たちを増やしてはいけないと思う。



モンちゃんって、本当にかわいいなあ。



モンちゃんの最後の言葉には全面的に同意する。

甚平パジャマ [物欲]




休日の夕方などに早めに風呂に入った後、宅配便のお兄さんがやってきたりすると、いかにもというパジャマで荷物を受け取るのが非常に恥ずかしかったので、これを購入することにしました。

長年、夏はランニングウェアをパジャマ代わりに着ていました。しかし、ランニング用のシャツがだいぶ古くなってしまったので1着だけ残して捨ててしまいました。

いまはまだ春秋冬用のパジャマを着ているのですが、それも3年以上着ているので、ズボンのゴムが伸び切ってしまいみっともないのです。

午前中ドンキホーテに行ってみてみたのですが、入院患者が着るようなパジャマしかありませんでした。最近はパジャマなんて着ない人が多いのでしょうか。

これは自分自身への「父の日」のプレゼントになりそうです。

ツバメのヒナは5羽でした。体が黒くなってきました。 [ペット]



ツバメのヒナは5羽でした。体が黒くなってきました。まだ目は開いていません。私の手の影を親鳥だと誤認し、首をぐいっと伸ばして、パクっと口を開いて餌を求める様子が愛おしいです。


共通テーマ:ペット

父の日とオレオレ詐欺 [雑感]

父親から電話。父の日のプレゼントとして贈ったアロハシャツが今日(6月16日)届いたという。6月24日にさくらんぼ狩りに日帰りで出かけるそうなので、その時着ていくという。父はいつもポロシャツばかり着ているので、たまにはアロハもいいだろう。おみやげにさくらんぼを贈ってくれるという。

こういう場面で話をするのは気恥ずかしいらしく、すぐに母親に代わった。母はこの前の日曜日の夜10時に下血と嘔吐で死を覚悟したという悲壮な電話をかけてきた。今日はその後の経過を報告してくれた。医者に見てもらったところ、2年ぶりに「憩室」が破裂したことが判明したそうだ。直前に血圧降下剤を飲んでいたため、下血後に血圧が下がりすぎて、嘔吐をもよおし、上を下への大騒ぎだったのだ。結局、抗生物質を処方され、それを飲んで数日安静にしていたら、元気を取り戻したそうだ。以前にも憩室が破裂して手術をしたのだが、今回は薬だけで済んだらしい。

母は元公務員で福祉関係の仕事に長年従事してきたので、80歳近くになってもいまだにいろんな団体の会長やら委員やらをさせられており、毎日休む間もなく軽自動車を自分で運転し飛び回っている。年齢的に無理がきかない身体なのだから、これを機に仕事を半分に減らすようにお願いしておいた。

ついでというのもなんだが、オレオレ詐欺の電話が今週あったそうだ。電話口の男はゴホゴホと咳き込みながら「俺だよ、わかるだろ」などと言ったらしい。母は「○○か」と私の名前を言って確認することをしなかったので、男はすぐさま「病院に行かなければいけなくなって、お金が必要なんだ」と言い出したそうだ。しかし、声質や口調の違いに気づいた母は「誰よ?あなたみたいな人は知りませんよ」と言ってガチャンと電話を切ったという。いまだにそんな猿芝居のような古典的な詐欺をしている阿呆がいるのかと思って、母は怒り心頭であった。またお尻から血を吹き出さないように、詐欺師の兄ちゃんにはうちの母親のところには二度と電話をしないでもらいたいものだ。