So-net無料ブログ作成

棒ノ折山(棒ノ嶺)に登ってきました [旅行]

昨日、息子二人を連れ、5、6年ぶりに棒ノ折山(棒ノ嶺)に登ってきました。標高969mの山です。棒ノ折山の登山口は、埼玉県飯能市の名栗湖(有間ダム)を取り囲む環状道路に面しています。クルマで行く場合は、近くに数台停められる駐車場を利用するか、道路脇に停めるしかありません。近くには「さわらびの湯」という日帰り入浴施設があり、休日は登山客で賑わいます。バスで来る人たちは、そこから1キロ以上の道のりを歩く人が多いようです。

現在、登山口への近道である名栗湖を横断する時計回りの道路が工事中で通行止め。仕方がないので、反時計周りにぐるりと回って、カヌー工房を通りすぎ、「工事関係者以外立入禁止」の看板を無視して橋を渡り、登山口までたどり着きました。

棒ノ折山(棒ノ嶺)を登るコースは、沢沿いを歩いたり、鎖を伝って岩を登ったり、尾根を歩いたりする比較的珍しいコースです。特に、水遊びが好きな子供なら、楽しみながら登れると思います。途中、珍しい「ゴルジュ」が見られるので、地形好きの人も楽しめます。

岩の上で足を滑らせて靴を濡らすこともあるので、なるべくなら防水仕様の登山用の靴を履くことをおすすめします。土が流出して、丸太で作った階段が崩落しているところや、木の根がトラップのようにむき出しになっているところもあり、私のように脚の短い人にとっては大変なところもたくさんありますが、2時間半から3時間もあれば登れるところです。もちろん高尾山の6号路よりはきついです。

きついといえば、3月ですから花粉も相当にきついです。花粉症の方にとっては花粉地獄です。ティッシュを箱ごと持っていったほうがよいかもしれません。私の眼鏡のレンズには、明らかに杉や檜の花粉と思われる黄色い粒つぶが等間隔についていました。道路脇に止めておいた私の黒いクルマも、数日放置していたら、黄色い車になっていたかもしれません。

th_IMG_20180327_113029.jpg

th_IMG_20180327_113445.jpg

これがゴルジュです。大きな岩が浸食されてできたV字型の地形です。迫力があります。

th_IMG_20180327_114338.jpg

長男は、この頃、「ヤマノススメ」や「ゆるキャン△」というアニメ(またはコミック)にハマっております。息子が幼いころによく私が山登りやオートキャンプに連れて行った影響でしょう。受験が終わってから、息子は3回も高尾山に登ってきました。さらに今年の夏は富士登山をするのだと張り切っています。私も高校生の時に10月1日に登っていますが、高山病状態になり、頂上でお鉢巡りをする余裕はまったくありませんでした。息子はきっと友達と登るのでしょう。私はもう勘弁してもらいます。

中1の次男の方も、若いからでしょうが、足取りも軽く、私を置いてスタスタ登っていくので、私はひとり自らの老いを感じました。ちなみに、妻は、私より遥かに老いさらばえているので、今回の山登りにはついてきませんでした。

th_IMG_20180327_123527.jpg

頂上近くにある「茸石」です。

th_IMG_20180327_130047.jpg

頂上です。息子たちはこの看板の前で二人で仲良く写真を撮り合っていました。

th_IMG_20180327_132541.jpg

左の奥に先端が尖った大持山、その右隣に武甲山が見えます。武甲山も家族4人で登ったことがあります。1000メートルを超える山で、こちらもなかなかなものです。登ったのは長男が小学6年生の頃でした。あれから6年か。空気の透明度が高ければ、さらに榛名山、谷川岳、赤城山、日光連山、筑波山まで見えるそうです。

th_IMG_20180327_132910.jpg

帰りに、吉田の龍勢会館という道の駅で七平豆腐を2丁を買い、最後は「星音の湯」で登山の疲れを癒やしてきました。ここは何度訪れたことかわかりません。湯上がりに、付設のレストラン「空楽」で夕食を食べてきました。これは私が食べた秩父味噌豚丼。息子たちはわらじカツ丼を食べました。いずれも秩父の名物料理です。

th_IMG_20180327_181128.jpg

4月から長男は一人暮らしを始めるので、なんだか寂しい気持ちです。今回は特に思い出に残る山登りになりました。


共通テーマ:旅行

「ひよっこ」の舞台 [旅行]

NHKの朝ドラ「ひよっこ」の舞台のひとつ、奥茨城町のバス停に聖地巡礼に行ってきました。ど田舎です。

th_IMG_20180318_110559.jpg

th_IMG_20180318_111116.jpg

th_IMG_20180318_110737.jpg

th_IMG_20180318_110906.jpg

「ひよっこ ありがとう」という文字が花の苗で作られています。

th_IMG_20180318_110713.jpg

th_IMG_20180318_110951.jpg

th_IMG_20180318_110931.jpg

さらに足を伸ばして、大子町の「おやき学校」を訪ねました。ここは明治7年創設の旧槙野地小学校です。信州の名物でもある「おやき」を作る工場兼販売所に食堂を併設した施設になっています。おやき作りの体験もできます。校舎の外観は、映画やドラマで使われたこともあるので、見覚えがあるかもしれません。

th_IMG_20180318_130930.jpg

th_IMG_20180318_130956.jpg

中はこうなっています。

th_IMG_20180318_132643.jpg

ここで、りんごのおやきを買って食べました。

th_IMG_20180318_132650.jpg

「花子とアン」はなが赴任する「阿母尋常小学校」ロケ地は茨城県大子町「旧上岡小学校」 | ロケTV

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」「おひさま」のロケ地、旧上岡小学校 | 大子町観光協会

おやき学校の近くに、「旧上岡小学校」もあるようですが、今回は時間の都合で行きませんでした。そちらは「おひさま」や「ガールズアンドパンツァー」の舞台でもあるそうです。

連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台・茨城県北エリア”行ってみっぺ”ガイド | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)

このあと、森林の温泉(もりのいでゆ)に入って、埼玉に帰ってきました。

これはサービスエリアで食べたアンコウの唐揚げ定食です。タラのような白身なのですが、弾力があってもちもちしています。

th_IMG_20180318_190949.jpg


共通テーマ:旅行

ひとりで秩父に行ってきました。 [旅行]

息子の受験も終わり、確定申告も済んだので、今日はひとりで秩父に行ってきました。

自分へのご褒美とストレス解消のためです。

目的地は大滝温泉遊湯館。時間があったら、甲府のほったらかし温泉にでも行ってこようと思ったのですが、さすがに時間が足りませんでした。

往路は3時間半、復路は3時間。風呂に入ってのんびりできたのはたったの1時間です。

温泉の風呂場の窓から見えるのは、杉林と川です。

杉林には冷たい風が吹つけ、幹まで大きく揺れていました。

もう少しすると、花粉で空気が黄色くなってしまいそうです。

河原に降りるための階段は日が当たらず、寒々とした雪が残っていました。

昨年は息子の受験のために、どこにも行けなかったので、今年はどこか遠くへ行きたいです。

西だったら岐阜あたり、北だったら山形あたりなどがいいですね。

温泉でのんびりして、おいしいものをたらふく食べたいです。

ところで、10年目に入った愛車のフィットですが、年老いてなお衰えることがありません。

不思議なことに絶好調です。

私が自分でいろいろ部品を交換したおかげでしょう。

交換する前は、ポンコツの走りでしたから。

もしいま車を買い替えて、下取りに出したら、きっとタダになってしまうのでしょうが、しかし、変な表現ですが、タダの価値はありません。

もったいないので、少なくとも3年くらいは乗り続けるつもりです。


靖国参拝 [旅行]

仕事帰りに、靖国神社を参拝してきました。来年は靖国神社が作られてから150年目なのだそうです。今日は右翼の街宣車もなく、修学旅行の中学生たちの姿もあり、穏やかな雰囲気を味わうことができました。

th_IMG_20180215_111428.jpg

th_IMG_20180215_111541.jpg


th_IMG_20180215_111750.jpg

th_IMG_20180215_111830.jpg

息子に良い知らせが届きますように。

どこかの企業がTwitterでフォローしてもらうためのサービスの一環で、受験生の合格祈願を太宰府天満宮に届けるというサービスをしていました。私も1ヶ月ほど前に利用しました。願いがほんとうに届いてほしいです。

th_IMG_20180215_112203.jpg

桜の開花を示す標準木です。靖国神社を訪れるのは、6年ぶりかも。長男は中学1年生だったかもしれません。

th_IMG_20180215_112234.jpg

標準木の隣の能楽堂です。

th_IMG_20180215_112326.jpg

遊就館。ここも一度見たので、中には入りませんでした。

th_IMG_20180215_112413.jpg

th_IMG_20180215_112505.jpg

もう一回、標準木。やっぱりまだ咲いていませんでした。当たりまえですね。

th_IMG_20180215_112537.jpg

靖国にはいろいろ政治的な問題がありますが、日清日露から太平洋戦争に至る戦没者を祀っているのですから、素直に慰霊の気持ちを示したいと思います。


2017年11月12日に川越で行われた唐人揃いの様子(動画)です。 [旅行]



うまく撮れていませんでしたが、雰囲気だけでも伝わればいいでしょう。

動画は2分25秒にまとめました。

残念ながら、おわら風の盆やベリーダンスなど撮れていなかったものもあります。


川越唐人揃いに行ってきました。:はてなの茶碗:So-netブログ

共通テーマ:旅行

川越唐人揃いに行ってきました。 [旅行]

朝鮮通信使まねて仮装 12日に「川越唐人揃いパレード」 埼玉 - 産経ニュース

「川越唐人揃い」というサイトには、こう書かれています。

川越唐人揃いとは、江戸時代の川越で、町人たちが川越氷川神社の例大祭で実際に行っていた朝鮮通信使の仮装行列のことです。

 朝鮮通信使とは、豊臣秀吉の朝鮮侵略の後に政権を握った徳川家康は、朝鮮王朝との友好平和こそが日本の平和に必要だと考え、侵略によって多くの被害を受けた朝鮮王朝と交渉を重ねて国交回復を実現し、朝鮮王朝と友好親善「善隣友好」の証として「朝鮮通信使」という名前で文化交流を行いました。

 将軍が変わった時には必ず朝鮮王朝から500人ほどの使節団を招きました。当時の朝鮮王朝の第一級の文人(詩人・画家・医者・舞楽など)が、半年をかけて釜山から対馬・北九州・下関・大阪から淀川を上り東海道を通り江戸に来ました。その行列は江戸時代のイベントの中では最大のもので、各地で歓迎され、交流が行われました。


私は埼玉に長年住んでいますが、このパレードについてまったく知りませんでした。

豊臣秀吉が朝鮮半島で悪行を働いたので、徳川家康がそれでは外交上危険だということで、朝鮮半島の人たちを呼んで歓迎し、また日本の庶民に朝鮮半島の文化を教えたということに由来するお祭りだそうです。

IMG_20171112_130248.jpg

これは岐阜のおわら風の盆。

IMG_20171112_130609.jpg

朝鮮の衣装を着た人たちの踊りは賑やかでした。落語に詳しい人はご存知でしょうが、「らくだ」という演目の中で、「かんかんのう」という歌が出てきます。彼らの奏でる音楽は、それとそっくりでした。

IMG_20171112_130815.jpg

この方たちは、渡来人の子孫とのこと。川越の隣の日高市には、高句麗から渡ってきた帰化人が1300年以上前から住んでいます。高句麗は、唐や新羅との戦いに敗れ、668年(天智7年)に滅びます。その後、高句麗の人々が日本の関東地方に移り住んできたのですが、その人たちを集めて移住させたそうです。私の知り合いの学者の話ですと、彼らの持っている能力を、秩父周辺地域の開発に利用させようとした説があるとのこと。

高麗郡建郡1300年の歴史と文化/日高市ホームページ

IMG_20171112_132400.jpg

これは沖縄のエイサー。彼らもまた賑やかです。

IMG_20171112_133131_1.jpg

これは「ペウレ・ウタリの会」の人たちです。アイヌらしい彫りの深い顔にしびれます。また、アイヌの民族衣装の文様もすばらしいです。 

IMG_20171112_133158.jpg

IMG_20171112_132015.jpg

「時の鐘」を背景に、いろんな民族衣装を身に着けた人たちが記念撮影をしていました。多くは、その民族衣装の国の人達ではないような気がしますが、それもまたよし。

今回もまた、日本列島というのは、古来より、多民族が共存(そして対立)する土地だったということを改めて思い出させてもらえました。「日本民族」というファンタジーに酔っている人たちは、自分の考えがあまりに浅いものであるか認識し、歴史を学んで欲しいものです。(そもそも「民族」という概念も虚構に過ぎないわけですし、差別的であると認識が広まりつつあることも知ってほしいです。)

IMG_20171112_131841_1.jpg

わたしの好きな「まちかん」です。9年前から、3万円の包丁を買いたいと思い続けているのですが、いまだに買えません。来年は10年目になるので、来年こそ買おうかな。来年は戌年ですが、私の年ですので、自分のためのご褒美にしようかな。

machikan.jpg


ショーウィンドウに並んだ菜切り包丁です。きれいですね。

今日は家族揃って、日帰り温泉に遊びに行くついでにたまたま川越に立ち寄ったところ、このパレードに遭遇しました。おもいがけず勉強になりました。

スマホで動画も撮ったのですが、あとで編集して、掲載する予定です。

日帰り温泉は、武甲温泉にしました。サイボクハムの花鳥風月に行こうと思ったのですが、駐車場が満車で入れませんでした。しかし、大好きな299号線を走って、横瀬までは行けたので、それはそれで良かったです。




共通テーマ:旅行

奥多摩湖から丹波山へ [旅行]

5連休ずっと、どこにも行かずに家にいたのでイライラが溜まってしまい、居ても立ってもいられなくなって、朝の10時に一人でふらりとドライブに出た。一応、次男を誘ってみたが、案の定、ゲームをして遊ぶので行かないという。ゲームのどこが楽しいのだろうか。通勤電車の中で、いい年をした大人がスマホゲームに興じている姿をしばしば目にするが、私にはまったくわからない。

目的地は、奥多摩湖。今年の6月以来だから約半年ぶり。本当は「道の駅たばやま」で日帰り入浴でもしてこようかと思っていたのだけれど、連休最後とあって、すさまじい込みようだった。あいにく露天風呂も工事中だったので、風呂は諦めて、お土産に山梨のワインと、昼メシ用にパンを1個だけ買って、すごすごと退散した。

奥多摩湖から丹波山へのドライブレコーダーの映像を6分程度にまとめてみた。ドライブレコーダーの映像は、フロントガラスの汚れのせいで、鮮明ではなかったのが残念。一眼レフカメラをダッシュボードの上に置いて撮影すれば、もっときれいに映せるのだろうか。今度試してみようかな。



http://www.dailymotion.com/video/x67sof4

改めて思ったが、奥多摩湖(小河内ダム)は実に大きい。都民の水瓶のひとつとして、これでも足りないというのだから、都民はどれだけ水を使っているんだという話。紅葉シーズン真っ只中、湖面が陽の光の照らされてキラキラと輝き、赤や黄色に染まった木々の葉とのコントラストがきれいだった。山歩きを楽しむ者、サイクリングを楽しむ者、ジョギングを楽しむ者、バイクツーリングを楽しむ者、そして、私のようにドライブを楽しむ者が、山や湖を愛でている姿には、心が癒やされる。

帰りは、わざわざ15号線を通ってみた。川越を通る道だ。トランプ大統領と安倍総理が、本日、ゴルフを楽しんだという川越の霞ヶ関カンツリー倶楽部のそばを通る道だ。これまた今までに見たことがないくらいの数の警察官が警備に当たっており、そのせいで恐ろしく長い渋滞を作っていた。

友好的な関係を保つために、日米の首脳会談をゴルフ場で行うのは無駄なことだとは言わないけれど、我々のような「人間のクズ」にとっては、渋滞を作るものはすべて迷惑千万だ。結局、川越を抜けるのは諦めて、上尾に迂回して帰ってきた。

結局、帰宅時間は予定より1時間半も遅れ、18時になった。今日は一日中トラックドライバーのようにクルマを運転しただけで一日が終わってしまった。8時間ひたすら運転し続けたようなものだ。息子を連れて行かなくてよかったかもしれない。

天気が良かったせいか、バイクの数ほどは多くはなかったが、たくさんのオープンカーとすれ違った。走行会でもあったのだろうか。特に、ホンダのS2000やマツダ・ロードスターが目立った。ダイハツ・コペンやホンダのS660も見かけたが、数は多くはなかった。オープンカーはやっぱりいいね。我が家は4人家族だけれど、4人そろって出かけることなど、年に数回しかないから、何度も言うようだけれど、4人乗りのクルマは無駄。次はぜひともオープンカーを買いたい。現行モデルのマツダ・ロードスターがいいな。荷物もそこそこ積めるし。しばらく私の前にロータス・エリーゼが走っていたけれど、ああいうクルマを買う人というのは、どういう人間なんだろうか。実に不思議だ。(上掲の動画にも残しておいたが、ハコスカの走行会もあったようだ。)

お土産のワインは「山梨マルスワイナリー そのままにごり赤ワイン」。前回は、これの白を買ったので、今回は赤にしてみた。1本1093円(税込)。私はお酒は苦手なのだけれど、最近はストレス発散のために、ワインを飲むようになってしまった。体に悪いのはわかっているけれど、長生きはしたくないので、これで早く死ねるなら、クジラのようにたくさん飲みたい。

th_IMG_20171105_212127.jpg

さらりとスルーしたけれど、軽自動車の交通事故もあったようだ。クルマのフロントがひしゃげていた。ドライバーは救急車で運ばれたようで、事故車はレッカーする準備が行われていた。

こういうことは書くべきではないのだろうが、後ろから剛性の高そうな86が追いかけてきたので、私も峠道を飛ばしてみた。やはりフィットはコーナーリングが安定せず、ふわふわする。いくらがんばっても、すぐに追いつかれてしまい、がっかり。私の腕は悪いのは当然だが、クルマの問題は相当に大きい。


共通テーマ:旅行

常磐道 [旅行]


常磐道 三郷付近から日立トンネルまで 投稿者 Hatena-no-chawan

常磐道 三郷付近から日立トンネルまでの道のりを12分半にまとめました。

共通テーマ:旅行

帰省でリフレッシュ [旅行]

さて、ここはどこでしょうか?

IMG_20170902_125849.jpg

海の見えるカフェ。

IMG_20170902_133537.jpg

コキアの丘。

IMG_20170902_134110.jpg

鐘。

IMG_20170902_134852.jpg

遠くに観覧車が見えます。

IMG_20170902_135226.jpg

ジニア畑。

IMG_20170902_151742.jpg

観覧車の中から見える風景。

IMG_20170902_154258.jpg

実家に帰省した折、両親と甥っ子たちを連れて、国営ひたち海浜公園に行ってきました。コキアはまだ緑のままでしたが、これから赤く色づくと、合計4350台分が停められる3か所の駐車場に車を置けないくらいの賑わいになるらしいです。

園内は(樹林ゾーンが開園すると)ディズニーランド7個分の広さで、小さな子供を一日中遊ばせるには良いところだと思います。でも、小さな子どもを連れた年寄りには相当きついところかもしれません。

園内を巡るのに、自転車を借りることも出来るのですが、我々は膝の悪い母親と体力のない父親のために500円のバスに乗って移動しました。

IMG_20170903_111257_1.jpg

翌日は、弟夫婦と一緒に実家の近くの渓流でBBQを楽しみました。30年ほど前、私の父の両親を連れて、親戚一同みんなでBBQを楽しんだ場所です。長男が2歳くらいの頃にも両親とBBQを楽しみましたが、早いもので、あれから16年が経ちました。

IMG_20170903_111305.jpg

IMG_20170903_111416.jpg

弟夫婦は、昔両親が買っておいた200坪の土地に豪邸を建て、庭で果物や野菜を育てて優雅に暮らしています。

IMG_20170903_140516.jpg

キウイが売るほどなっています。

IMG_20170903_141017.jpg

庭木の一本一本に、植物園にあるような説明書きがついています。私の弟らしいです。

IMG_20170903_174633.jpg

帰りは海の見える温泉に入って、夕食を食べて帰ってきました。

IMG_20170903_174659.jpg

次男は、ラーメンと焼鳥。まるでオヤジです。

IMG_20170903_175405.jpg

私は煮魚定食にしました。魚は赤魚(あかうお)です。これでたったの820円です。子供の頃は、毎週のように煮魚が食卓に上ったものですが、いつからか、煮魚は年に数回食べるか食べないかというくらいに縁遠いものになってしまいました。でも、たまに食べると、本当にうまいものですね。



渓流 投稿者 Hatena-no-chawan

今日は、作業途中だった、壁の漆喰塗りを完成させました。本棚を動かすために、本を取り出したので、足の踏み場もない状態です。

父親には仲の良い友達が3人いたのですが、みな鬼籍に入ってしまったそうです。年に数回、父親のクルマで国内旅行に出かけたり、2ヶ月に一回日帰り温泉に遊びに行ったりしていたそうですが、いまは一緒に行ってくれる人もいなくなってしまい、なんだか寂しそうです。

愛車のアリオンも今年は13年目。自動車税が上がるので、車検時に軽自動車に買い換えようかと考えているとのこと。(上がってもごくわずかなのですが。)先週私がホンダのディーラーに行ってきたときに、展示してあったN-BOXに乗り込んでみたのですが、車内空間が非常に広くて、背が高く、アイポイントも高いし、事故を予防するセンサーがついるので、年寄りにもいいんじゃないかと勧めておきました。しかも、自転車が入るほど荷物もたくさん積めるので、セダンより使い勝手がいいはずです。実は、弟の妻も初代フィットからN-BOXに乗り換えを考えているとのこと。それに、いま、妻の妹もN-BOXに乗っています。みな同じクルマになってしまうのもどうかと思いますが、それはそれで良いかもしれません。


共通テーマ:旅行

千葉北ICから幕張IC 京葉道路 [旅行]


千葉北ICから幕張IC 京葉道路 投稿者 Hatena-no-chawan

妻が運転しています。

共通テーマ:自動車