So-net無料ブログ作成

浦和で忘年会 [料理]

ほぼ毎年、大学時代の友人と3人で忘年会を開いている。昨年は都合が合わず、キャンセルになってしまった。今年はようやくお互いの生存確認が取れた。例年、忘年会の場所は大宮近辺が多かったが、今回はメンバーの都合で急遽、浦和に変更。その近辺に住んでいながら、浦和は私がめったに足を踏み入れない街だ。昼間と違って、夜の浦和は賑やかだ。しかも、庶民的な飲み屋の数の多さと、料理のレベルの高さには驚いた。さすが浦和競馬場の街である。

一軒目に選んだのは焼き鳥屋。レバーやハツのほかに、ハチノスを頼んでみた。ハチノスは牛や豚の胃袋の一部で、まさに蜂の巣状になっていて、見かけが面白い。色もやや黄色がかった白色なので、まさにハニーカムにそっくりだ。今回は、食べたことがないものや、自分では作れないものを食べたいという私の希望を叶えてもらった。ハチノスそのものには際立った味がないので、軽い酸味のある酢味噌につけて食べる。さっぱりしている。用意された分量の半分を私が食べてしまった。うまいといえば、馬刺しもうまかった。馬肉を食べるのは、10年ぶりくらいかもしれない。これまた脂身が少ないので実にヘルシーだ。

二軒目に入ったのは、刀削麺酒家。チェーン店らしく、テレビで見たことがあるお店だ。店内は、山椒の匂いが立ち込めており、それだけいっそう異国情緒を醸し出している。店員さんはほぼ全員が中国人。私が教えている中国人の留学生と似たようなアクセントと声色の日本語を話すので、注文のやり取りをするたびに、自分の教え子を思い出して変な気分になった。その店で提供された料理は、やはり私がいままでに食べたことがないようなものばかりだった。とりわけ、シルクロード風(?)のスパイスには感動した。

刀削麺酒家 浦和店 メニュー:刀削麺・点心 - ぐるなび

th_IMG_20171209_194826.jpg

これは羊肉のシルクロードスパイス炒め。羊肉を小さくぶつ切りにして、爪楊枝を差し、シルクロードスパイスなるもので炒めたものらしい。食べるラー油と山椒の粉を混ぜたもので、似たような味を出せるかもしれない。ウェブの方のメニューを見ると、羊肉ではなく、牛肉になっているので、羊肉が入手できないときは、牛肉で代用しているのかもしれない。いずれにせよ、スパイスが強烈なので、肉にはこだわらなくてもよいのだろう。ちなみに、羊肉に多く含まれているカルニチンは脂肪の燃焼を促進してくれるので、痩せる効果があるし、冬は体があたたまると言われている。以前、モンゴル人の留学生だったか、中国北東部出身の留学生に同じことを教えてもらったことがある。カルニチンに加えて、唐辛子のカプサイシンも相まって、これまたダイエット効果がバツグンである。これはいずれ家でも真似して作ってみようかと思う。

th_IMG_20171209_194834.jpg

西安の鉄鍋ニラギョーザ。これは案外、普通の餃子だった。西安には、焼き餃子はないと思うので、西安の鉄鍋で作った、日本風ニラ餃子というのが理解が正しいのだろう。

th_IMG_20171209_201251.jpg

坦々麺風味刀削麺のハーフサイズ。スープは担々麺のものだが、より酸っぱくて、辛い。私好みの味で、これは癖になる。上にパクチーが乗っているので、よりいっそう香ばしさを引き立てている。麺は、きしめんに似ている。食感は独特である。本来は人間が包丁で削って作る麺なのだろうが、形がきれいに整っているので機械で作っているのだろう。面白い料理ばかりなので、いつか息子たちを連れていってやりたい。

例年のことだが、私以外の2人のメンバーは生活に大きな変化がないので、いつも私がみんなの3倍以上の話題を提供するという役回りになってしまう。単に私がおしゃべりなだけなのかもしれないけれども。

それにしても、今年もいい忘年会だった。これで今年の(屈辱的な)垢もきれいさっぱり落とせそうだ。めでたし、めでたし。

ちなみに、浦和は、浦和レッズの試合のあった夜にはいかないほうがいいらしい。不愉快極まりないバカどもの集団との遭遇は、酒や料理をまずくするに違いない。



共通テーマ:グルメ・料理

鮭の粒マスタードクリーム煮 [料理]

夕飯は、アイリッシュ・シチュー(写真なし)と鮭の粒マスタードクリーム煮。

th_IMG_20171111_165546.jpg

th_IMG_20171111_170623.jpg

鮭の粒マスタードクリーム煮 by *さらさ* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが278万品

共通テーマ:グルメ・料理

ほうれん草とジャガイモのキッシュ [料理]

ほうれん草とジャガイモのキッシュを作りました。黙っていると、妻が夕食を作ってしまうので、朝っぱらから足りないものを買いに行って、昼前にさっさと作ってしまいました。先日、生クリームを買ったのですが、今日が賞味期限だったので、大急ぎで作りました。

th_IMG_20171104_103534.jpg

具材は、ほうれん草とジャガイモ以外に、しめじ、ベーコン、玉ねぎ、卵、生クリーム、塩コショウ、ピザ用チーズ、パルメザンチーズ、バター、冷凍パイシートです。けっこうお金をかけています。

作り方は、具材を炒めてから卵液に混ぜて、オーブン用のお皿にバターをこすりつけてからパイ生地をかぶせ、その上に卵液を投入。上にピザ用チーズとパルメザンチーズなどをかけて、200度のオーブンで25分焼くだけです。

th_IMG_20171104_110316.jpg

ちなみに、今日のお昼はモスバーガーに行って、期間限定の秩父わらじカツバーガーを食べてきます(買ってくるのかな?)。妻が、毎日お昼にカップラーメンばかり(貧乏!)では飽きるので(というか、健康に悪いだろ!)、どこかに食べに行きたいと言いながら、スマホでマクドナルドのクーポン券をチェックしていたので、私がモスバーガーを提案した次第です。長崎トルコライスバーガーなるものも同時に期間限定で販売されているようですが、埼玉県民なら、誰がなんと言おうと、秩父わらじカツバーガー一択でしょう。

waraji.png

知らないうちに妻が一人で買いに行ってくれました。わらじカツというのは豚肉であるはずなのに、なぜか鶏肉でした。鶏肉では、わらじカツにはなりません。がっかりです。





共通テーマ:グルメ・料理

アイリッシュソーダブレッド [料理]

粉末のバターミルクを一缶、職場の同僚からいただいたので、久しぶりにアイリッシュソーダブレッドを作りました。

th_IMG_20171103_072653.jpg

材料は、薄力粉、砂糖、塩、ベーキングパウダー、重曹、牛乳です。粉は200gで作ろうとしたのですが、牛乳を入れすぎて、あとから50g足しました。

本当は、全粒粉を半分混ぜると、それっぽくなるのですが、全粒粉は消化に悪いので、大量に食べると、お腹にガスがたまるので避けています。長期休暇中なら、気にしなくても良いんですけどね。

材料をきれいに混ぜるのはむずかしいです。バターミルクの粉がダマになっていて、きちんと混じりませんでした。

これを200度に熱してたオーブンで、20〜25分ほど焼きます。

th_IMG_20171103_080319.jpg

焼き上がりはこんな感じ。ホットケーキのあんまり甘くないバージョンといった感じでしょうか。

朝7時すぎに起きてからすぐに作りはじめて、8時過ぎに完成しました。

お昼ごはんも、これにします。

アイリッシュソーダブレッドの作り方は、クックパッドにいろいろ載っていますので、参考になさってみてください。

ヨーグルトで作る方法、牛乳と酢を混ぜて作る方法もありますが、正式にはバターミルクという液体を使います。日本で販売されていないのは、法律上の問題なのかもしれません。バターミルクの粉は、スキムミルクとさほど変わりません。スキムミルクより甘い感じです。コーヒーに入れる「クリープ」と同じような味です。

詳しいことはわかりませんが、同僚によると、バターミルクの製法は2種類あって、バターを作ったときの水を発酵させたものと、簡易的につくったものがあるそうです。いずれにせよ、バターミルクの粉を使っても、アイルランドで食べられているようなソーダブレッドにはなりません。酸味がまったく足りません。

th_IMG_20171103_115849.jpg

共通テーマ:グルメ・料理

牛バラ肉の赤ワイン煮 [料理]

78円/100gの激安牛バラ肉を見つけたので、727g、559円(税抜)分買ってきました。

th_IMG_20171031_121700.jpg

この大きな塊肉を使って、赤ワイン煮を作ることにしました。ワインも1本300円程度の安物。その他の食材は、家にあったものばかり。ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、しめじ、トマト、コンソメ、醤油、砂糖、はちみつ、バターなどです。

肉は、余分な脂肪の部分を削り取り、ぶつ切りにして、圧力鍋に油を敷いて焼き色を付けて取り出します。野菜は軽くバターで炒めて、肉を投入し、赤ワインをドボドボと好きなだけ投入して、お好みの味付けをして、25分ほど煮込むだけです。赤ワインが甘口だったら、砂糖やはちみつは控えめのほうが良いでしょう。

th_IMG_20171031_140707.jpg

ビーフシチューより、あっさりしていますし、カロリーも控えめ。おしゃれなお皿に盛って、生クリームでも回しかけて、その上からパセリのみじん切りでもふりかければ、レストランのメニューっぽくなるかもしれません。そうなったら、ご飯よりフランスパンのほうが合いそうです。


共通テーマ:グルメ・料理

鶏のから揚げ ねぎソース [料理]

鶏のから揚げ ねぎソース レシピ 栗原 はるみさん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

th_IMG_20171021_163437.jpg

美味しゅうございました。

右にあるのは、スンドゥブです。お昼ごはんの残りです。

このあと、豚汁もいただきました。

料理は楽しいです。

企業が男性から家事をする権利を奪っている社会を私は認めることはできません。



共通テーマ:グルメ・料理

えのき餃子 [料理]

今日はえのき餃子と豚汁を作りました。人と接する仕事なので、長期の休みではない限り、餃子にはニンニクを入れることはありません。でも、ニラがたっぷり入っているので、アリシンがちょっと臭うかも。

th_IMG_20171015_104123.jpg

th_IMG_20171015_173437.jpg

アリシンの7つの効果と危険性/臭いが気になる時の対処法 - 息のクリニック

口臭対策に、牛乳を飲んで、りんごを食べておこう。明日の朝はコーヒーだ。

th_IMG_20171015_115319.jpg

コリドラス・アルビノの元気がありません。おばあちゃんになってしまったのでしょうか。

先日購入したばかりのコリドラス・アエネウスのほうは、いつのまにか影も形もなくなってしまいました。どこへ行ってしまったのでしょうか。もしかすると、私が知らないところでひっそりと命を断って、ハイエナのように飢えたミナミヌマエビの餌になってくれたのかもしれません。


鶏肉のソテー バジルソース和え [料理]

岩手産の鶏もも肉が安かったので、スキレットを使って鶏肉のソテーを作りました。ソースはスパゲティー用のバジルソースです。スキレットを使うと、皮目がカリカリになり、中がふっくらします。

th_IMG_20171008_173554.jpg

受験地獄は過去の遺物、今や合格率93%の「大学全入時代」 | citrus(シトラス)

私は「団塊ジュニア」の仲間です。私が大学受験をした頃は、受験生の半数近くが不合格になっていた時代です。今は浪人する人がほとんどいないので羨ましい限りです。うちの子供は来年大学を受験するのですが、どこでもいいので合格してもらいたいです。

海外でも論争、「優先席問題」は解決できるか | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

電車の優先席は差別的な制度だと思うので、女性専用車両とともに、直ちに廃止してほしいです。これらの制度は「弱者」を優遇しているように錯覚されていますが、単なる差別でしかありません。虚弱な方たちには、優先席に座っていなくても、健常なのであれば席を譲るべきです。年寄りは優先席へ行けとか、逆に、優先席は年寄りのためのものだとか、融通の利かない、自分勝手な論理を通そうとする人々が跋扈する限り、日本社会は成熟した寛容な社会には成長できません。そういう社会がリベラルな社会です。自公政権の目指す方向はその反対です。

75歳以上の女性の体力 過去最高水準に | NHKニュース

アラフィフの私のほうが体力がないので、これからは高齢の女性たちに席を譲ってもらおうかな。それにしても、こんな私だって、数年前までハーフマラソンを2時間以内で走っていたのですよ。どうしちゃったのでしょうね。昨年、テニスプレーヤーの伊達公子さんのように半月板を損傷してしまったので、怖くて走れないだけなのですが。

妻がなぜ怒ってばかりいるかやっとわかりました。原因は私ではなく、職場の同僚らしいです。私や子どもたちは、「職場ストレス」のせいで、いつも八つ当たりされています。ほんとうに迷惑です。妻のパート先に自分勝手に休む同僚がいて、その穴を埋めることばかりさせられているのだそうです。妻はどこのパート先でも必ず人間関係のトラブルや、上司の社員の身勝手なシフト変更などの被害に遭うので、ころころ職場を替えるのです。3月に私もアルバイトをしたので、なんとなくわかります。ものを売る仕事をしている人たちのメンタリティは、私の職場の人たちのものとは大きく異なるようです。

妻は今晩いろいろ職場の人におみやげを貰って帰ってきました。プリプリ怒りながら出勤したので、職場の人達が気遣ってくれたらしいです。というわけで、夕食後に、京都の桜餅をいただきました。私はといえば、妻が愛用している焦げ付かないフライパンを新調してやりました。税込み1400円ほどの激安品ですけどね。

日本人は責任感があって、真面目だ世間ではさんざん語られていますが、本当は無責任で不まじめで、生産性の低い人ばかりなのかもしれません。大学の授業の風景を見ていても、とても責任感が強くてまじめな人たちばかりとは思えません。グループでプレゼンをする日に相棒に連絡も取らずに勝手にすっぽかしたり、授業中、スマホでゲームをしたり、YouTubeを見たり、机に突っ伏して爆睡したり、いびきをかいたりしている光景を目にしたら、日本の政治が腹黒い権力者に私物化され、経済が回復できない原因がひと目でわかるはずです。



共通テーマ:グルメ・料理

バカのアホ炒め [料理]

平野レミさん全開「バカのアホ炒め」という牛トマにんにくレシピがカンタン美味すぎだった…… - mitok(ミトク)

うまそうですねえ。牛がバカで、アホはにんにくですか。

今度、そんな料理がスペインにあるのかどうか、スペイン語の先生に聞いてみよう。

世の中では、保守とリベラリズムが対立概念であるかのように語られることが多いのですが、不思議なことだと私には思えます。

「保守」というのは、アメリカならば、憲法の精神を守るという主義です。日本の「保守」は、それとは正反対に、憲法を破壊するという主義です。

一方、「リベラリズム」というのは、自由主義と訳されます。自由というのは、自分勝手になんでもしていいということではなく、権力者に支配されている弱者を解放するという主義です。簡単に言うと、資本家や富裕層の味方ではなく、私のような貧乏で弱い者の味方なのです。さらにいえば、父親や男性に支配されている子供や女性を解放するという考えでもあります。

中世の暗黒時代や18世紀19世紀の植民地支配によって資本を増大させる帝国主義の時代を抜け、20世紀の半ば以降、世界はリベラリズムに大きく舵を切ろうとしてきました。女性解放運動(フェミニズム)もポストコロニアリズム(後期植民地主義)もその大きな流れの中にある。そういう大局的な流れから見ると、現在の日本における保守対リベラルという二項対立は不毛な討論に思えます。

今度の総選挙で私が票を投じようと思っている枝野幸男率いる立憲民主党は、立憲主義に基づいた民主主義を実現することを目指す政党です。立憲主義というのは、現在の日本国憲法の精神を活かそうとするもので、それこそ「保守」そのものです。また、多様性を重んじ、弱い立場の人たちの意見を吸い上げて政治に活かそうという精神は「リベラリズム」そのものです。

ゆえに、立憲民主党の精神においては、保守とリベラリズムは二項対立とはならず、共存しているのです。

自由民主党(自民党)は自由と民主主義を重んじる政党なのでしょうが、看板に偽りありです。「議論」ができない強権的なリーダーの下に、人々の考えを一方向にし、支配しやすくするのであるから、自民党は不自由を体現している。ファシズムです。同時にそれは民主主義の精神にも反しています。民主主義を単なる多数決だと信じ込んでいること自体小学生レベルなのです。

また、彼らは国民にとって政府の横暴を食い止める最後の砦であるはずの憲法を、国民を支配する道具に書き換えようとしています。憲法の精神を破壊する側を我々は「保守」と呼んでいいのでしょうか。

さらに、自民党の政策は新自由主義的で強者である大企業や富裕層を優先するものなのですから、弱い者を救済するというリベラリズムの精神に完全に反しています。

よって、自由民主党は、実質的に、保守でもリベラルでもなく、民主主義的でもない、バカとアホしかいない多数決不自由党なのです。そういうバカやアホでも、うまく料理すれば、食べられるのかもしれませんが、魚屋の裏に捨ててあるような売れ残りのように、骨の髄まで腐っているのかもしれません。




共通テーマ:グルメ・料理

絹豆腐とブロッコリーと豚肉の煮物 [料理]

久しぶりに料理をしました。

IMG_20171006_175304.jpg

主菜は、鮭のバターカレー焼き。副菜は絹豆腐とブロッコリーと豚肉の煮物。下のレシピを参考にしましたが、顆粒の出汁を入れて、とろみは付けませんでした。

【時短調理】寒暖の差で不調なあなたへ。しょうがを使った豆腐のあったかレシピ - レタスクラブニュース

高野豆腐を◯◯◯にすると、とろ〜り濃厚な味わいが楽しめた! | クックパッドニュース

これは美味しいのでしょうか。想像がつきません。

消費増税による借金返済は景気を悪くする | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

「消費税5%」なら会社員の給与は増える | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

政府もマスコミも消費税は公平な税だと言って疑いませんが、消費税ほど不公平で、金持ち優遇の税はありません。

消費税は、税負担の金額ではなく、収入に対する割合で考えれば、貧しい人ほど大きい割合を支払わなければなりません。貧困層ほど負担が大きくなるのです。さらに、高齢者は支払う期間が短い一方、若い人は長くなるわけですから、高齢者は税負担が軽く、若い人ほど税負担が重くなります。

どうしてこうも日本の制度は、金持ちと年寄りを優遇するものばかりになってしまったのでしょうか。もちろん、その原因は、若い人が投票に行かないからであることは明らかです。選挙に行っても意味がないと信じ込まされ、また、政治を語る言葉を持たない人々しか周囲にいないからでしょう。さらに、若い人の数が圧倒的に少なすぎます。だから、投票所に足を運んでも、力を持ちえないのです。

とはいえ、若い人の多くは、若い世代の負担を大きくする政策を取る自民党支持者です。日本は素晴らしいという、国策としての夜郎自大な教育を受けてきたからでしょう。

しかし、安倍晋三率いる自公政権の横暴で少しは彼らも権力者を信頼してはいけないということを学習できたかもしれません。

ところで、希望の党が発表した「12のゼロ」という公約の中に「原発ゼロ」の項目がありますが、小池百合子代表が記者会見で語ったことによれば、原発居携わる人々がいるし、原発の技術は途絶えさせてはいけないので、いずれはゼロの方向に持っていきたいということだそうです。つまりは、原発はゼロにしないという意味です。ならば、原発ゼロは嘘になります。事程左様に、花粉症やら満員電車やら待機児童やらをゼロにするという公約はすべて嘘っぱちなのでしょう。

若者は、またもや悪い大人に騙されて、自民党やら希望の党に清き一票を投げ捨ててしまうのでしょう。うちの子には、ぜったいにそういう馬鹿な真似はさせません。



共通テーマ:グルメ・料理