So-net無料ブログ作成

捨てるべきものはきっぱり捨てよう [雑感]

どういうわけか、今年度は新しいことを始めたい、環境を変えたいという気持ちが強い。

長男が大学進学とともに一人暮らしを始めたこともきっかけの一つかもしれない。

ウクレレを始めたくなったのも(本当は再開!)、そういう気持ちの変化を受けたものだろう。

さらに、変えたいのは、昼食を教職員食堂で摂る習慣だ。無駄に食費がかかるので、これからはランチを持参したい。実は、私はお米は好きではなく、パンが好きだ。米おりも麺よりもパンのほうが好きだ。海外でお米が食べられないと、日本食が恋しくなる人がいるらしいが、私の体験上、そういうことは一度もない。むしろ、お米を食べずに済むので、ありがたい。私は夕飯に米を食べなければいけない時も、ご飯茶碗にほんの少ししかよそわない。そんな私が一日に食べるお米の量は150グラムもないだろう。タンパク質の摂取を心がけているので、おかずやヨーグルトを食べてお腹をいっぱいにしている。

さっそく月曜日からその習慣を始めたい。フランスパンにベーコンとチーズとレタスとトマトを挟んで持っていく予定。1食分200円もかからないだろう。

実は、教職員食堂は、値段が高く、500円以上出さないと定食が食べられない。都内のお金持ちのサラリーマンならランチに800円から1000円も出せるのかもしれないが、大学生の子供がいる貧乏人の私には1食200円以上出すような経済的余裕はない。

愚痴になるが、教職員食堂はいつも同じメニューだけではなく、非常にまずい。定食もおかずが少ししか入っておらず、ご飯が大盛りになっている。いつも残してしまう。他には、ラーメン、うどん、そば、カレーもあるが、そういう炭水化物中心の食事は体に悪い。運動不足の私には塩分の多いのは特に体に悪い。

私は、食堂でいつも同じメンバーでご飯を食べている。もう10年以上の付き合いになる。しかし、いつまでも付き合いで、まずい食堂の定食を食べる義理はない。これからは遠慮なく、昼食を持参することにする。

教職員食堂を利用しない決意を固めたのは、実は、腹が立ったことがあったからだ。食堂のシェフは私の友人たちのタバコ友達で、先日、それがために、私以外の人たちに私の目の前でオマケを出した。その姿があまりに露骨だったので、シェフに強い憤りを感じた。これまでまずい食事にだいぶつぎ込んできたが、これを機に縁を切るつもりだ。

もう一つ、環境を変えたいのは、床屋さん。20年以上通っていたところがあるのだけれど、最近人手不足らしく、平日でも長時間待たされることが多くなった。時間を無駄にさせられるので、次回から、より我が家に近いところに数年前に新しくできた別の店舗に変更することにした。

年をとると、環境を変えたくないという気持ちが強くなるのかもしれないが、この頃は、しがらみを振り切って、異なる環境で暮らしたいと願っている。

長いことを同じ環境にいても、自分を向上させることもできないし、しかも、長年忠誠を尽くしてきたことなど一切評価されることはない。この頃は、いろいろとうんざりすることばかり起きるので、きっぱりと止めるべきことは止め、捨てるべきものは捨てることにする。

ついでに言うと、安倍総理も麻生副総理と一緒に燃えるゴミの日に捨ててやりたい。耄碌したジジイたちでも、カラスの餌くらいにはなるだろう。


2018-05-17 [雑感]

平日は平均睡眠時間5時間です。機嫌も体調も悪いです。今日も職場から帰ってきて、自宅で仕事を2つ片付けました。テストを2つ作ったのですが、3時間かかりました。一日の労働時間は完全に労働基準法違反でしょう。週末にあと5つ片付けなければいけない仕事があり、それを考えただけで、不機嫌さが募ります。エッセイを読んだり、テストの採点をしたり、作成したり。偏頭痛もひどくなりそうです。もう寝たいです。とうか、もう死にたい。最近は、むしゃくしゃしているどころか、感情を失っています。自分では、能面をかぶっているように思えます。というか、どちらかというとメキシコのルチャ・リブレのマスクかな。

他人をリスペクトしない人間への仕打ち [雑感]

他人をリスペクトしない人間が、自分自身に対するリスペクトを当たり前のように求める態度が気に食わない。

そういう人間とはコミュニケーションが取れない。彼らと話をしても、時間の無駄だから、無視してしかるべきである。

授業中に、学生に質問をすると、とんちんかなことを言い出す者がいる。質問にまともに答えられず、また関係ないことを言い出すような学生に、一日に何度も遭遇すると、吐き気とめまいを覚える。どこかのバカ首相と同じレベルである。「誰々君(さん)、教科書の何ページの何行目を読んで下さい」とお願いすると、「どこですか」と聞き返される。私は、「では、違う人に当てます」と言って、その学生をその時間ずっと無視し続けることにしている。20年位前からの現象だと思うが、机に突っ伏して寝ている学生もいる。授業中に居眠りすることが正当な権利であるかのような態度なのだ。寝たければ、教室ではなく、ベッドで寝ていればいいのだ。ものを学ぼうとしない人間が、いちいち学校に来る必要があるのだろうか。それでいて、あの先生の授業はたるい(=かったるい)などと減らず口を叩く。まさに中2病である。授業は、先生が一方的に喋るのを聞く場所だと思いこんでいる事自体が、彼らに学ぶ資格がないということだ。口を開けていると、空から答えが降ってくるとでも思っているらしい。愚の骨頂だ。

そのような態度が平気で取れるのは、彼らが授業、教科書、教科書の著者、それを使って指導している教師(私)、大学の運営者、教室を掃除してくれれているオバサンたち、さらに言えば、学費を払ってくれている親御さん、または大学の補助金を税金として支払っている納税者などへのリスペクトがないからである。まるで自分ひとりで、大学まで来られたかのように錯覚していることの、馬鹿さ加減を彼らに気づかせなけばならない。

私が学生を無視したからと言って、授業アンケートなどで、私を責めるのは筋違いと言うものだ。私は何を書かれても一切無視する。バカは無視される資格がある。私は、そういう人間とは目も合わさない。そのかわり、私に質問してくれるような学生には懇切丁寧に指導する。おおっぴらに贔屓する。

リスペクトというのは、英語で表記すれば、respectだが、これはreとspectに分割できる。reは再びで、spectは見るという意味である。振り返ってみるということなのだから、それはどういうことなのですか、などと、相手に食らいつくことをリスペクトというのである。相手の存在を無視せず、自分の視野の中に収めているのだから、それは相手の存在価値を認めているのも同然だ。その人を褒めるとか、立派だと思うかどうかはまた別の話だ。

そんなふうに私の話に食いついてきたり、私に質問したり、何か情報を提供してくれるような人ではないと、基本的に私にとっては無価値な人間でしかない。動物園のサル以下の存在だ。

傲慢な言い方かもしれないが、私もいつまでも生きていられるわけではないので、無駄なものは無駄なもの、無価値なものは無価値なものとして、私が見ている世界から徹底的に排除したい。そうしなければ、豊かに楽しく自分の人生を楽しめないからだ。



暗黒時代が続く [雑感]

日本の会社員がやたら疲れている根本的理由 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この方のおっしゃるとおりだと思う。

都内通勤の一般的なサラリーマンは、朝早くから満員電車で戦って、会社に無事到着したときには、一日が終わったかのような気分になる。痴漢で逮捕されることも回避し、遅刻もせずに会社に無事到着することすら戦いであるのに、その成果はいっさい評価されないし、一戦を交えた後にさらにまた8時間以上も働き続けるなんて信じられない。朝の9時の時点ですでにくたくたになったまま、生産性や創造力を高めて労働するなどというのは、土台無理な話だ。日本の生活環境や労働環境は、労働者が生産性や創造力を高められないように、作られているのだから仕方がない。だからこそ、革新的な製品を作ることができず、外国人が作ったものをより小さくして、使いやすく、かつ安価にすることに腐心してきたのである。

日本の労働生産性の低さは、労働に見合うだけの賃金が得られないことが原因だという記事をどこかで見たが、まさにそうである。単にデフレだから生産性が低いという計算になるだけだ。ものやサービスの値段を上げれば、生産性が高いという計算になるのだが、そうすれば売れなくなるのだから、価格は据え置かざるをえない。それが労働賃金の据え置きにつながり、生活を楽しむための消費に回せるお金が減り、人々の働く気力が失われていくのである。働いても働いても給料が上がらないのに、税金や教育費の負担ばかりが増え、一方で年金支給額が減らされ、支給開始年齢も引き上げれられていく。老後の不安を抱えたまま、どうして満足に働けるものか。こんな国で生きていくことに絶望しない人はよほど鈍感な人なのではないか。

ストレスMAX!疲労限界! GWは自分をOFFしてリセットしよう | citrus(シトラス)

あらゆることにリセットボタンをつけておくのがいいのかもしれない。

先日、同僚の女性の先生が、この頃、日本人が殺気立っているのではないかと話していた。確かに、息が詰まるような、空気が薄い感じがする。花粉症で鼻が詰まっているせいばかりではないだろう。4月というのは、人々が新しい環境に合わせるために、チューニングしている最中で、そのチューニングがなかなかできないので、イライラしているのではないかと私は彼女に返答したのだが、日本人のイライラの原因は季節的要因ばかりではないかもしれない。

ここ数週間、マスメディアは、官僚、政治家、芸能人などのセクハラに関する報道を目を吊り上げて行っている。もちろんセクハラは犯罪であり、容認されるべきことではない。しかし、あれを見れば一目瞭然だが、セクハラの加害者たちは、国民全体が抱えている欲求不満のはけ口になっている気がする。それを見咎めた右翼の女性評論家が、これは「魔女裁判」だと言って、セクハラの加害者を弁護したそうだ。ところが、マスコミは新たに攻撃対象を見つけたとばかりに、一斉に彼女を攻撃したという。

日本人はいま、誰彼問わず、他人を攻撃することで、日々の鬱憤を晴らすようなことばかりしている。こういう他責的な雰囲気が蔓延している状況は病的である。日本人はみな病んでいるのだが、自分が病んでいることに気づいていない。

男どもはいつ自分がセクハラの加害者として訴えられるかわからないので、たえず恐怖心にとらわれている。人々の他責的な雰囲気は、この怯えの裏返しかもしれない。攻撃は最大の防御なり、と思っているのだろう。

国民全体がピリピリしているのは、やはり政治のせいだろう。政治の世界の腐敗を見ると、もう日本はどうにもならないのではないかという絶望感が日本全体を支配しているのだと思う。安倍政権は官僚とともに根本から腐ってしまっているのに、本人たちはまだまだ信頼が回復できると思いこんでいるのだから、空気が吸えないくらい閉口する。北朝鮮と韓国の南北首脳会談は当然明るいニュースなのだが、それすら、日本にとっては暗いニュースに思えるほどだ。

こういう閉塞感を打破するには、日本の総理大臣の病的にむくれたクビをすげ替えるしかないのかもしれない。根本的な原因は、与党自民党と、安倍総理にあるのだから。

民主党が政権を取ったときの高揚感を私は忘れることはできない。やっと暗黒の時代が終わったような気分だった。オバマ政権の誕生とほぼ同時期であったせいか、すべてを変えてくれるような気がした。しかし、国民は自らその希望を手放し、ふたたび嘘と隠蔽を抱えて眠る絶望を選んだ。いつ終わるともしれない暗黒時代が続く。

審議拒否する野党は税金泥棒?自民党の野党時代がさらに酷すぎて完全なブーメランに | BUZZAP!(バザップ!)

野党が駄目なのは誰の目にも明らかだが、それにもまして与党は救いようがないほど駄目だ。それは、麻薬中毒患者になってしまった国民が、麻薬を提供し続けることを止めない自民党を支持し続けているからである。挙句の果てに、国民は、民主主義の重要さを忘れてしまった。耳障りの良い嘘を撒き散らして、国民の目を曇らせることに腐心する自民党を支持することが、国のためだと思いこんでしまったのだ。民主主義というのは、良いものは良いが、駄目なものは駄目と是々非々の対応をすることであり、そういう判断ができるように、日々勉強を続けることである。しかし、アヘン中毒の国民は何かを学ぶという心の余裕すらない。そんな国民こそが日本の政治を絶望的に腐敗させてしまったのだ。日本は絶望的に救いようがない。

麻生財務相「経済成長感じない人はよほど運がない」→8割が景気回復を感じていませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

こういう現状認識の誤っている人たちが政権の座に居座っていること自体が絶望的なのである。

「大島てる」 [雑感]

安い家賃の物件は黄色信号? 自宅が事故物件か確認する6つの方法 | ライフハッカー[日本版]

「大島てる」というサイトで今回初めて自宅周辺の地域の「事故物件」をチェックしてみた。刺殺、絞殺、放火殺人、飛び降り自殺、首吊り自殺、拳銃自殺、焼身自殺、練炭自殺など起きているのがわかって、ぞっとした。腐乱死体発見とか、ミイラ発見などもある。ふだん気づかずにいるけれど、改めてそういう類の情報を知ると、怖くなってくる。もちろん、全部が全部正しい情報ではなく、ガセネタもあるはず。

ちなみに、我が家は「事故物件」ではなかったので、安心した。私が首吊り自殺でもしないと、事故物件にはなりそうもない。

このサイトに引き込まれて、あちこち見ているうちに、1時間くらい経ってしまった。危ない、危ない。

共通テーマ:住宅

時代遅れ、不幸 [雑感]

「英語やり直し」を成功させる4つのアドバイス:日経ビジネスオンライン

英語を英語で学ぶというのは、時代遅れだし(幕末から明治初期の発想!)、日本人に適した学習法ではない。そもそも日本在住の日本語の母語話者で英語ができるようになった人の99.9%以上は日本語を活用して英語を習得しているはず。彼らが日本語を活用しながら英語で思考できるようになったにもかかわらず、まだ英語ができない人たちに対して、英語を身につけるには英語を英語で考える必要があると言って日本語を排除するのは矛盾しているし、あまりに自分勝手である。自分たちははしごを使って屋根に上ったのに、他人にははしごを使うなと言っているのに等しい。そんな阿呆な教育者を我々は信用できるはずがない。他の外国語の業界でも、英語教育と同じことが、周回遅れで起きているという話を聞いた。しかし、たとえば韓国語を韓国人に韓国語で教わることで、日本人に韓国語を教わるより効率が良いかと言ったら、はるかに効率が悪いことが、バカにでもわかるだろう。そういうことをして意味があると考える時代はこのブームが始まる相当前に終わっている。それを知らないのは語学の苦手な不幸な人たちだけである。

デマ・捏造で野党を叩く「DAPPI(@take_off_dress)」は会社組織が運営か、平日8~21時の完全シフト制に | BUZZAP!(バザップ!)

いわゆる「ネトウヨ」の数というのは案外少ない。何年か前にきちんとしたデータを取った研究者がいたが、それ以前からは私はそうだろうと主張していた。その連中はいわば「犯罪組織」のメンバーで、政権から資金を得てビジネスとして活動していることが徐々にわかってきた。だから、我々が彼らに反論をしても、返事がほぼ返ってこないのである。議論をすれば、彼らは敗北することが既定路線なので、彼らは一切議論はしない。一方的に難癖をつけて逃げ去るという手法を取っている。とにかく、大多数が安倍政権を支持しているように見えるように、安倍マンセーの言説をばらまくのである。唯一、ネトウヨ的言説に抗議する人に反論するのは、その犯罪組織に洗脳された愚かな個人のようである。たいていサッカー好きの連中が多い。サッカーはナショナリズムと相性が良いのかもしれない。ゆえに彼らと議論しても、彼らはろくにものを考えてこなかったようなので、己の愚かさを白日のもとにさらけ出し、情けなく敗北するだけだ。

安倍政権の主張を諸手を挙げて賛成すること自体、犯罪的である。支持政党のない有権者の大多数は与党も野党もなく是々非々で法案について国民のためになるように議論することを求めているはずなのだが、そういうことは一切考慮に入れず、ひたすら「安倍マンセー」を貫き通し、少しでも安倍政権に批判的なことを言うと「サヨク」だの「パヨク」だの下品なレッテルを貼って叩きまくるというのだから、彼らこそ民主主義を破壊する犯罪者である。民主主義国家を維持することにおいて、コミュニケーション能力は必要不可欠なものである。議論(discussion)を通して、日本をより良い社会にしていくことを拒否しているのであるから、彼らこそ「国賊」なのである。

夫の寄り道グセでわかる!背後に潜む家庭へのストレス - ライブドアニュース

私の夢の中で、昔の恋人が出てきて困る。考えてみたら、先方も私同様に相当に年齢を重ねているのだから、いまさら会っても、何にも発展しないことは明らか。しかし、夢の中では、彼女はまったく年を取っていないから困ったものである。

さて、夫が寄り道をしたり、妻と目も合わせない、会話もしないという状況が何を表しているか、愚かな妻にはわからないようである。

うちの妻は私の人格や能力を否定することで、私の人格や能力を高めようとしているらしいことに、結婚してからすぐに気がついた。相手を否定することで、相手を変化させ成長させることができると思っているらしい。というよりもむしろ、私を非難することで、彼女は自分の優位性を確認しているのかもしれない。その考え方は、あまりに時代遅れである。赤の他人である妻に否定されたら、夫はとたんにやる気をなくす。男というものは、外でも自分の存在意義を疑わざるをえないような人生を送っているのに、家に帰ってきてからまで、自分を否定されたら、夫の居場所がなくなるのは当たり前。だからこそ、妻とのコミュニケーションが減っていく。それがわかっていない夫婦は、うちの夫婦のように、不幸になる。そして夫は私のように鬱になり、妻はヒステリーになる。今日も我が家は無音である。

「夫が家にいる週末」を迎えたくない妻たちの本音 [夫婦関係] All About

私はヒステリックな妻が家にいないだけでほっとして、幸せな気持ちになる。「夫源病」だけではなく、「妻源病」もあるのだよ。

40代、50代になっても愛され続ける妻の5カ条 [夫婦関係] All About

うちの妻は、私を軽蔑するように嘲笑し、相槌はすべて首を横に振るもので応じ、ひたすらけなす、否定する、敵視する、迷惑がる。そして、私が何かしようとすると、そのすべてにストップを掛け、やる気を失わせることに腐心している。そういって批判すると、「被害妄想だ。病気だ」と返してくる。そうなのかもしれないが、私にはそうとしか見えないので、どうにもこうにも改善の余地はない。


私の膝に男性が倒れてきた。 [雑感]

帰宅列車の中、座席でウトウトしていたら、ガタンと揺れた拍子に、私の左膝のあたりに人の体が当たった。よくあることだと思って、パットを目を開いてみたら、斜め左に立っていた若いサラリーマンがスローモーションで床に倒れて行く途中だった。その様子は、ジャイアント馬場の16文キックを受けたアブドーラ・ザ・ブッチャーがマットに沈む姿を想起させた。

私は何ひとつ言葉をかけられぬまま、彼の顔を観察し、次にどんな行動をすべきか考えていると、彼は床の上で泥酔した人のように眠り始めたかのように見えた。しかし、すぐさま顔と手をピクピクさせ始めた。隣にいた同僚らしき男性が呼びかけると、彼は意識を取り戻し、カッと目を開けた。そして、彼は同僚の手を借り、力なくフラフラっと立ち上がった。

彼の前の座席に座っていた人たち2人がすぐさま立ち上がり、彼に座席を譲ってやった。私も立ち上がったのだけれど、ちょうど手すりで遮られていたので、私が譲る必要はなかった。

彼は放心状態のまま座席に腰掛けた。2駅ほど進んだところで、感情を失ったかのような状態で、苦笑いを浮かべる同僚とともに降りていった。彼は疲労のせいで、立ったまま眠ってしまい、私の膝に胸を打って気絶したという可能性もあるが、19時過ぎだったので、低血糖か貧血だろう。彼はブラック企業で朝早くから夜遅くまで働かされているのかもしれない。突然の出来事で驚いたが、最悪の事態にならずに済んで良かった。

自宅から数十歩のところでスマホの画面がピカピカしているのに気づいた。電話だった。出ると母親の明るい声が聞こえてきた。先日、慢性硬膜下血腫で手術を受けた父のことだった。案の定、手術の結果、認知症の症状が改善し、近々退院することが決まったそうだ。リハビリは自宅で行うのだそうだ。硬膜下血腫は左側だったので、歩くときに右半身が若干ぎこちなくなってしまったというが、頭もしっかりしているので、近所を散歩したりして、懸命にリハビリに励めば、数ヶ月後には旅行にだって行くことができるようになると思う。

とにかく、よかった、よかった。

シリアを逃れた「戦場のピアニスト」の思い [雑感]

この空爆は平和をもたらさない。シリアを逃れた「戦場のピアニスト」の思い

シリア戦争は当事者全員がテロリストだ。ロシアもシリアもイランもアメリカもみなワルモノ。正義をふりかざす犯罪者が、罪のない一般市民を虐殺し、いっこうに悪びれることがない。シリアを泥沼にしたアメリカを支持する安倍総理&日本政府もワルモノであることは言うまでもない。そんな政権を誕生させた我々ニッポン人も当たり前だがワルモノだ。日本人は全員、万死に値する。絶望しかない。


26歳の頃に住んでいたアパート [雑感]

大学院の博士後期課程在学時に2年間住んでいたアパートをようやく見つけました。東京の総武線小岩駅の近くです。記憶がだいぶ薄れていて、見つけるのに苦労しました。

th_h_1.jpg

ここは昔、小さな図書館でした。歩いてすぐでしたから、ときどき利用しました。ろくな本はありませんでしたが、夏は電気代を浮かすために涼みに行っていました。

th_h_2.jpg

ここの2階の真ん中の部屋に暮らしていました。大家さんは近くのガス屋なので、そこに家賃とガス代を払いに毎月行っていました。しかし、そのガス屋さんは地図で探しても見当たりません。店をたたんだのかもしれません。

このアパートを思い出すたびに、やはり悲しくなります。いろいろ思い出があるので。

北口にイトーヨカドーがあって、そこで当時付き合っていた女性とパスタ鍋と料理本を買いました。めったに使うことはないのですが、いずれも大事に保管してあります。その事実は妻には教えていません。このアパートを引き払って、隣町の2DKのボロアパートに引っ越したのは、実は彼女と結婚するためでした。この事実も妻には秘密にしています。私の親は知っていますが。


共通テーマ:住宅

30年前に住んでいたアパート [雑感]

ストリートビューで30年前に住んでいたアパートを探し出しました。ここは埼玉県のとある場所です。

駅を出て、線路沿いの道をしばらく歩きます。当時は、この道沿いに質屋がありました。今はないようです。

th_k_1.jpg

踏切が見えたら右折。昔は、車が通れる踏切ではなく、人間や自転車だけが通れる小さい踏切でした。

線路の反対側に出て、迷路のような道に入り込むと、アパートにたどり着きます。外壁の塗装用の足場が組んでありますね。

th_o_4.jpg

昔は、アパートの前に空き地はありませんでした。家があったはずです。

th_o_5.jpg

家主は自民党支持者なのですね。安倍総理のポスターが貼ってあります。まさに呪われたアパートです。

th_o_6.jpg

奥の二階に住んでいました。窓から線路が見えました。電車が通るたびに、建物が揺れるので、最初は怖かった記憶があります。前の家は、庭が広く、いつも幼い姉妹が遊んでいました。今頃はふたりとも40歳近くになっているはずです。

th_o_7.jpg

アパートにガレージがあったことを全く記憶していません。クルマには興味がなかったからでしょう。引っ越した時、このクルマが停まっている真上の部屋に23歳の美人のOLさんが住んでいて、引っ越しの挨拶に行ったら、その後お返しのケーキをもらい、少し話をしたことを覚えています。大人の女性にドキドキしました。

当時の家賃は4万2千円。新築で、ロフト付きのおしゃれなアパートでした。4年後、4万8千円に上がると言われてびっくり仰天。バブルが崩壊した直後なので、まだ強気だったのですね。

その後、大学院への進学が決まったので、引っ越ししました。引越し先の家賃は4万円だったかな。

うちの長男は4月から一人暮らしをしていますが、家賃は3.5万円です。30年前に私が一人暮らしを始めたときのアパートの家賃よりも安いところに住んでもらっています。今のサラリーマンの平均年収は、30年前よりも下がっているので仕方がありません。日本人はますます貧乏になっていくようです。

バブルの時代、私は学生でしたし、親は公務員ですから、バブルの恩恵に預かれることはありませんでした。しかし、貧乏学生なりに夢と希望を抱いて暮らしていました。今は絶望しかありません。自分の人生にも、この国にも。



共通テーマ:住宅