So-net無料ブログ作成
検索選択

友人の買い物に付き合った [雑感]

今日は友人の買い物に付き合って、2時間もおしゃべりをしてしまったので、頭の中が空っぽ。吐き出したいことをたっぷり吐き出したのでスッキリ。そういう日もあるわな。

友人は、今月、平日休みが取れたので北海道の北部へ釣り旅行に行ってきたそうだ。3泊4日のワイルドな旅だ。無料のキャンプ上で車中泊をしながら、川でフライフィッシングを楽しんだという。彼の生きがいは釣り。年に1度ほど海外に行き、釣りキャンプをしている。子供がいないので、そういう趣味に没頭する時間もお金もあるのが羨ましい。

友人の買い物というのは、スマホの買い替えだ。私はHuawei P10 lite推し。売り場でいろんなスマホを触ってもらったが、国産スマホはどれもこれも厚みがありすぎるし、性能的にも価格的にも中華スマホには敵わないことを友人に実感してもらった。ということで、私のおすすめ通り、彼はHuawei P10 liteをお買い上げ。

Huawei P10 liteは、私の持っているHuawei nova liteよりも性能が上がっている。充電時間も短いし、RAMもnovaの16GBに対して、32GBもある。それくらいあればSDカードを入れなくても使える。操作性も上がったそうだ。

彼が2年前に購入したスマホは京セラのもの。防水機能を重視して選んだが、あまりに性能が悪く、ストレスが溜まっていたそうだ。メモリ(ROM)は1GBで、記憶容量も8GBほどだったようだ。パスワードの入力も一発で成功することがなく、しかも、すぐに容量がいっぱいになって、何をするにもクリーンアップをしてからではないといけなかったという。Huawei P10 liteなら、そういうことはありえない。何より、Huaweiの指紋認証の優秀さには舌を巻くはずだ。背面のセンサー部分に触るだけで起動するのだから、こんな便利なものはない。

端末を受け取るのは2日後。機械音痴の彼のために、設定の手伝いをしてやる約束になっている。

夕方、長男の買い物にも付き合った。筆記用具を使い切ってしまったと言うので、文房具屋に連れて行ったやった。ついでに私は700円の万年筆を買ってきた。万年筆を使うのは、25年ぶり。高校生の頃から大学院生のときまでずっと万年筆を使って日記を書いていた。日々の記録の他に、読書ノートとしても活用していた。当時はコピー機などなかったので、気に入った部分をすべてノートに書き写して、何度もその箇所を反芻するというような本の読み方をしていた。良い勉強になったと思う。しかし、結婚後、妻に見られるのが恥ずかしかったので、日記はすべて廃棄してしまった。もったいなかったかもしれない。

科学的思考が重要 [雑感]

割れた腹筋は本当に必要ですか? 文化人類学者が説く科学との付き合い方 - 朝日新聞デジタル&M

 科学とは非常に謙虚な営みであり、そんなに簡単に「こちらが正しくてあちらは間違っている」といった白黒の結論は導くことができません。私たちの生き方は非常に多様ですし、持って生まれた身体の特徴も異なります。このような多様性を無視し、十把ひとからげに何かを言いきるような物言いは、たとえそれが権威ある人から発せられたものでも少し距離を取るべきなのではと思います。


今の世の中はevidence-basedになっているけれど、実のところ、その証拠(evidence)には確証がないかもしれない。時代が変われば、パラダイム(思考の枠組み)もシフトするように、ある時代の常識が、次の時代では非常識になることも多い。

だからこそ、科学は謙虚であらねばならない。一つの事実を真実だと決めつけてはいけないのだ。ましてや、国家などというものは、「この道しかない」などという傲慢なことを絶対に言ってはいけない。

私が日頃、不愉快に思っているのは「ライザップ」のCMだ。テレビでおなじみだから、わざわざ説明するほどのものでもないが、afterをよく見せるために、わざわざbeforeを猫背にしている。あの意図的な「印象操作」が腹立たしい。もし贅肉たっぷりの腹をした男女が、堂々と自信たっぷりに立っていたら、誰もみすぼらしい体をしているとは思わないはずだ。文化人類学者の磯野真穂さんが言っているように、腹筋が6つに割れている必要など、肉体労働者ではない人間にとって全く不必要である。あんなものは無意味な努力なのだ。

集団というものは、つねに警戒していないと、ひとつの価値観に染まってしまいがちである。それは非常に危険なことだ。自分が見ているパースペクティヴのみが真実の世界であり、他人のパースペクティヴなど存在しないという錯覚に陥ってしまうと、他者との衝突が起こる。

人間は愚かな生き物だから、有史以来、そうやって他者と衝突してきた。しかし、グローバル化が進行する今、そのような視野狭窄的な姿勢を放置しておくことはできない。この世の中で、うまく生きていくためには、つねに、反対側のモノの見方も存在するという意識を持たなければならない。科学的思考というのは、本来そういうものである。真実を突き止める強い衝動を持つことと同時に、それはもしかしたら真実ではないかもしれないという疑念を持ち続けることが科学的思考である。それは理系特有の思想ではなく、文系の思想でもある。

ベランダタイル [DIY]

築12年ともなるとバルコニーが汚れてきてみすぼらしく見える。防水ペンキを塗り直そうかとも思っていたのだが、かなり面倒だ。

タイルを敷き詰めてしまう手もあることを思い出した。以前は人工芝を敷いていたのだけれど、すぐに劣化してゴミだらけになってしまった。樹脂製のタイルなら何年も劣化することはないだろう。

TOTOの陶器のタイルは高いので、予算的に無理。ホームセンターに行って見てみようかな。

2階のバルコニーには、180cm×90cm分だから、12枚必要だ。3階のバルコニーにはもう少し枚数が必要かもしれない。二か所同じものを使うのならば、27枚入りのものでちょうど良さそうだ。

2階のバルコニーは屋根があるので素材は何でも良さそうだが、3階は雨ざらしであるうえに、強烈な日差しを受ける。白っぽい色だと、反射して眩しいだろうし、濃い色だと、熱がこもりそうだ。





アイリスプラザ ジョイントタイル 十文字溝付 4割 人工木 ブラウン 27枚セット

アイリスプラザ ジョイントタイル 十文字溝付 4割 人工木 ブラウン 27枚セット

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS)
  • メディア: Tools & Hardware


TORINのジャッキをアマゾンに注文した。スタビライザーリンクも。 [クルマ]

思い切って、TORINのジャッキをアマゾンに注文した。昨日より5%安くなっていた。

ホンダ純正のスタビライザーリンクは、モノタロウで土日5%引きを利用して購入することにした。

もうこうなったら、とことん直してやるつもり。

ブレーキキャリパーのシールキットはスタビリンクの交換作業後に余裕があったら注文することにした。





51320-TF0-003 (51320)スタビリンク 1個 ホンダ 【通販モノタロウ】 25780326

We are in a bind [雑感]

Abe's sinking popularity may thwart quest to revise Constitution's Article 9 | The Japan Times

安倍の支持率が急落し、「憲法改正」という自民党の悲願(党是)の達成が実現不可能になることは良いことだ。「改正」だなんていう「印象操作」が行われ続けているが、自民党の憲法草案なんて「改悪」でしかないのだから。あんなものを恥ずかしげもなく「たたき台」として提出する政党を信頼できるはずがない。自民党は安倍政権の支持率急落に困っているのかもしれないが、彼らより困っているのは一般の国民だ。憲法を改めて、自衛隊を他国とともに戦争に参加できる軍隊としたり、国民主権を廃止したりすれば、アメリカの属国としての日本の地位を公式に確定することになる。それならば、いままでの偽善的な平和憲法のほうが数倍はマシだ。平和憲法を盾に宗主国のアメリカに対して面従腹背の精神が貫けたのだから。

Why are these countries obese? Walking is just one reason - CNN.com

スマホアプリを使った国別の歩数の調査が面白い。日本の人はけっこう歩いているらしい。一日平均6,500歩から6,599歩の間にあり、上位の部類に入る。

それよりも面白いのは、歩数の格差(歩く人と歩かない人の差)が大きい国ほど、肥満率が高いという分析だ。

"Activity is not distributed uniformly across a country," said Scott Delp, professor of bioengineering and mechanical engineering at Stanford University, who led the study. The larger the difference between the top and bottom walkers within a population, the greater their rates of obesity are likely to be, he explained. "It means there is a subset of a population that is activity-poor."


相関関係はあるのだろうが、因果関係は見いだせるのだろうか。