So-net無料ブログ作成
検索選択

フィットGE6の異音問題に関して [クルマ]

愛車フィットGE6の気になる異音の出所を特定するために、夜、近所を30分ほど少々乱暴にドライブをしてきた。

問題は二点ある。

1)ブレーキを強めに踏むと、車体前方(特に右)からギシギシという音がする
2)交差点で右折するためにハンドルを切ると、車体前方(左)からカッキンと音がする

1)に関しては、ブレーキパッドの問題でも、ブレーキキャリパーのピストンの問題でもなさそうである。シールキットを購入して、自分で交換する必要があるのだろうが、もう少し先でも良さそうだ。どうも、この異音はサスペンションあたりから発生している音のようだ。ブレーキを踏むと、車体が前方に傾くので、サスペンションの上部のアッパーマウントが軋んで、そのせいでギシギシするのかもしれない。軽くブレーキを踏んで停止するときは異音は発生しない。これは新品に交換すれば直るかもしれない。だが、交換作業は非常に面倒なので、相当に暇な時ではないと手がつけられない。

2)に関しては、スタビライザーリンクのゴムの部分の劣化らしい。スタビライザーリンクは1本あたり3500円ほど。いますぐ交換する必要もないのかもしれないが、ギシギシ音を放っておくと、ガタガタ音になってくるらしい。交換作業は簡単なので、いずれ近いうちに交換してしまおうと思う。

サスペンションの異音は、鉄ホイールから、アルミホイールに替えてから発生しているのだが、スタビライザーの劣化とも同調しているのかもしれない。たいてい、サスペンションが寿命を迎えれば、同時期にスタビライザーも交換せざるをえないらしいので、まずはスタビライザーのほうを交換してみることにする。それでも消えなければ、アッパーマウント(サスペンションサポート)を交換を考えるしかないだろう。

サスペンションサポート不良異音 : 自動車の趣味超越log

スタビライザーブシュ硬化異音 : 自動車の趣味超越log

車の足回りから異音が聞こえる!原因と改善方法を音別に解説

スタビリンク交換。 項目1|フィット/ホンダ|整備手帳|UG@GE6|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

スタビリンク交換(369725km) | ホンダ フィット - みんカラ

足回りから異音!スタビリンクロッドが緩んでた【エブリ】

51320-TF0-003 (51320)スタビリンク 1個 ホンダ 【通販モノタロウ】 25780326





スタビリンクの外し方。知らないと交換時にも困る、付け方

スタビライザーリンクは、両輪が浮いた状態ではないと、外せないらしい。ガレージジャッキも買わなくてはいけないのか。お金がかかるなあ。






ARCAN(アルカン) 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ HJ3000JP

ARCAN(アルカン) 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ HJ3000JP

  • 出版社/メーカー: ARCAN(アルカン)
  • メディア: Automotive







ブレーキ(キャリパー)ピストンの交換 - ホンダ フィット GD1

スタビライザーリンクの交換 - ホンダ フィット GD1

ブレーキキャリパーの耐熱塗装 - ホンダ フィット GD1

共通テーマ:自動車

AI(人工知能)は生産者になれても、消費者にはなれない。 [雑感]

ルンバは家政婦にはなれない…AIの発達で“消える”職業とロボにはできない仕事 (1/6ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

AI(人工知能)によって、人間が仕事を奪われると心配する人が多い。果たして、その考えは正しいのだろうか。

資本家は、資本を拡大するために、安い労働力を雇い、彼らに可能な限り低コストで製品を作らせ、それをマーケットでできるだけ高い価格で販売し、それによって得られた利益を再投資しながら、資本を徐々に拡大していく。それが我々の世界を支配している資本主義というシステムである。

AIが進歩し、人間並みの労働が行えるようになり、資本家がAIを人間よりも安い労働力と見なすようになれば、人間の労働者を解雇し、AIを雇うのかもしれない。

AIが人間の代わりをするようになれば、労働者は失業し、収入がなくなる。収入が途絶えれば、食べ物を買うことができなくなり、人間は死に至る。現代人は、その日が10年後か20年後に訪れるかもしれないとひどく恐れている。

しかし、ここに大きな落とし穴がある。人間は生産者であるだけではなく、消費者でもあることを彼らは忘れているのだ。一方、AIは生産者になれても、消費者にはなれないということも。

AIが人間の労働の代わりをするようになっても、AIが作ったものを買ってくれる人間がいなければ、資本家は資本を増やすことができない。資本家には、資本を拡大するために、生産者だけではなく、消費者も必要なのだ。無思慮な資本家がAIに労働者の代わりをさせれば、同時に消費者も失ってしまうことになる。

マーケットの喪失は、畢竟、資本主義の終焉である。資本家によるエゴイスティックな利益追求の果てに、資本主義の終焉があるとすれば、まったくのナンセンスである。

まともな知性のある資本家なら、そんな馬鹿な真似はしないだろう。したがって、我々はAIに仕事を奪われるなどという「脅迫」によって不安に駆られる必要はないのである。

恐怖や不安によって人の心を支配したり、またそれをお金儲けの道具にするという人がいるが、そういう連中は信用できないから、無視することに限る。