So-net無料ブログ作成
検索選択

父の日とオレオレ詐欺 [雑感]

父親から電話。父の日のプレゼントとして贈ったアロハシャツが今日(6月16日)届いたという。6月24日にさくらんぼ狩りに日帰りで出かけるそうなので、その時着ていくという。父はいつもポロシャツばかり着ているので、たまにはアロハもいいだろう。おみやげにさくらんぼを贈ってくれるという。

こういう場面で話をするのは気恥ずかしいらしく、すぐに母親に代わった。母はこの前の日曜日の夜10時に下血と嘔吐で死を覚悟したという悲壮な電話をかけてきた。今日はその後の経過を報告してくれた。医者に見てもらったところ、2年ぶりに「憩室」が破裂したことが判明したそうだ。直前に血圧降下剤を飲んでいたため、下血後に血圧が下がりすぎて、嘔吐をもよおし、上を下への大騒ぎだったのだ。結局、抗生物質を処方され、それを飲んで数日安静にしていたら、元気を取り戻したそうだ。以前にも憩室が破裂して手術をしたのだが、今回は薬だけで済んだらしい。

母は元公務員で福祉関係の仕事に長年従事してきたので、80歳近くになってもいまだにいろんな団体の会長やら委員やらをさせられており、毎日休む間もなく軽自動車を自分で運転し飛び回っている。年齢的に無理がきかない身体なのだから、これを機に仕事を半分に減らすようにお願いしておいた。

ついでというのもなんだが、オレオレ詐欺の電話が今週あったそうだ。電話口の男はゴホゴホと咳き込みながら「俺だよ、わかるだろ」などと言ったらしい。母は「○○か」と私の名前を言って確認することをしなかったので、男はすぐさま「病院に行かなければいけなくなって、お金が必要なんだ」と言い出したそうだ。しかし、声質や口調の違いに気づいた母は「誰よ?あなたみたいな人は知りませんよ」と言ってガチャンと電話を切ったという。いまだにそんな猿芝居のような古典的な詐欺をしている阿呆がいるのかと思って、母は怒り心頭であった。またお尻から血を吹き出さないように、詐欺師の兄ちゃんにはうちの母親のところには二度と電話をしないでもらいたいものだ。


激しく同意する [雑感]

「日本の大国志向は幻想」 鳩山元首相に提言の真意を聞く|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

鳩山由紀夫元首相の言うとおりなのであって、超少子高齢社会である日本が経済成長やら大国の幻想に浸っているのは子供じみている。天然資源もないし、危険な原発だらけだし、人口減少に歯止めをかけることも不可能な日本が、いつまでも対米従属政策によって、アジア諸国とトラブルばかり引き起こしているようでは、世界から一人前扱いされないことを自覚すべきなのだ。安倍は憲法を改定し、自衛隊を軍隊にしたいらしいが、年齢は高齢化しても、精神的に未熟な人々である日本人にとっては、自衛隊は「気違いに刃物」にしかならない。

ちなみに、私は鳩山由紀夫元首相のことを一度も笑い者にしたことはないし、彼がなぜ総理大臣を辞めなければいけなくなったのかいまだに理解できていない。まだ民主党政権が続いていたとしたら、もう少し日本人は精神的に成熟し、安倍政権が企むような国家権力の巨大化や政治の私物化を未然に防げたかもしれない。そして、安倍が北朝鮮のミサイルよりはるかに危険であることを理解できるほど賢くなっていたかもしれない。

「一汁一菜本」の礼賛に何となく感じる違和感 | ファッション・トレンド | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

土井善晴さんも、西洋料理が入ってきてから、日本人は不健康になったというデマを信じ、和食礼賛というファンタジーに酔いしれている側面があるのか。困ったものだ。しかし、食事は基本がしっかりしていればそれでいいという土井さんの考えには激しく同意する。


かけ [雑感]

千葉県銚子市、加計学園のために払った補助金のせいで「第2の夕張」級の借金地獄に | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園グループの岡山理科大学に獣医学部を新設に関する安倍総理の関与が問題になっているが、文科省が認可を出さなければ、安倍政権には大打撃になるし、出したとしても、誘致した今治市が財政破綻をすることになって、とどのつまりは、安倍総理が歴史に名を残す最低の総理になり、さらに彼のお友達が不利益を被るだけのこと。どっちにとっても、安倍総理にとっては負け戦となるわけだ。ざまあみろ。

ヨーグルトメーカー [物欲]

私はほぼ毎日400ml入りのプレーンヨーグルトを食べている。その分ご飯は減らしているが、ヨーグルト代が馬鹿にならない。ヨーグルトメーカーを購入し、自分で作ったほうが、長い目で見れば安上がりなのかもしれない。高価なカスピ海ヨーグルトやR1ヨーグルトも作れるので、それを考慮に入れたら、たしかにコストパフォーマンスは高い。どうしようかなあ。




ボクらは「貧困強制社会」を生きている [雑感]

「追い出し屋」に全て奪われた50歳男性の苦悩 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本田圭佑みたいに自己責任論を唱える人たちは、自分が同じ目にあったときに、社会構造の欠陥を無視して自分だけが悪いと言えるのだろうか? 

大学は、自分の価値を高めるための学問のみならず、社会を良くするための学問を学ぶ機関である。近頃は、この2つの目的を理解しないまま、自分の利益のみを追求する者がいる。彼らは誰のお陰で現在の幸福な生活を享受できているのかきちんと考えるべきだ。人は、自分の利益を追求することが社会の利益になるような生き方をすべきであるということを、大学の先生たちは必ず学生に教える必要がある。幸福な生活を送れない他者が増えれば増えるほど、自分の幸福な生活も危険に晒されることになるのだから。