So-net無料ブログ作成
検索選択

ホンダ車のクーラント交換に関して(訂正) [クルマ]

(ホンダ車のクーラント交換に関しての記事が誤っていたので、削除して書き直しました。)

IMG_3762.jpg

ホンダのお客様相談センターから送っていただいた資料によると、クーラント(LLC)交換は以下のような作業になるそうです。

通常のクルマはラジエーターの下についているドレンボルト(青丸で囲んだところ)を開けて、ラジエーター内のクーラントを排出するだけなのですが、ホンダ車の場合は、エンジンを取り囲むシリンダブロックのクーラントも抜くことができるドレンボルト(赤丸で囲んだところ)がついています。

廃棄するクーラントの量を大幅に減らすことができるのですから、ホンダが環境に配慮している証拠とのこと。これは奥山さんのYouTube動画(中盤の12分あたり)で教えていただいた事実です。(奥山さんの座学は大変勉強になります。)

手元の資料によると、フィットGE6 1.3Lエンジン (CVT) はクーラント交換時に4.37L入ると書かれています。先日購入したばかりの男前モノタロウ ブランドの希釈済みのクーラント液は2L入りなので、もう1本必要になります。しかし、0.37L分が足りません。希釈済みのクーラント液は、基本的に水で希釈するのは禁止ですから、補充液を購入するか、さらに追加で2本購入するべきかもしれません。

mono74858086-160412-02.jpg

この男前モノタロウのクーラントは、ホンダ純正ウルトラeクーラントよりはるかに安上がりです。純正が1リットルあたり1600円強であるのに対して、男前モノタロウは1リットルあたりたったの400円です。

実は、私がこれまでお願いしていた車検整備工場のメカニックは知ってか知らずか、3年目の初回の車検時に2年しか保たないふつうのクーラントに交換してしまったのです。私がそれに気づいたのは今年になってからでした。知識がなかった私がいけないのかもしれませんが、これまで1万円以上彼らに無駄にお金を巻き上げらたわけです。そこは信頼できない工場であることがわかったので、もう二度と利用しないことにします。

08CLA-E020S1 ウルトララジエター液 原液 1本(1L) ホンダ 【通販モノタロウ】 38574532 ¥1,490(税抜き)

赤丸で囲んだエンジン側のドレンボルトのワッシャーは、お客様相談センターによると、内径28mmのものとのこと。アマゾンで銅製のものを見つけましたが、高すぎます。今度ホームセンターに行ってみますが、もし売っていなかったら、再利用するつもりです。ちなみに、CVTオイル交換の際にも、新品のワッシャーに交換しませんでしたが、いまのところ何の問題も起きていません。

初めての冷却水交換 – R style in the life





こんなものが売られているのを発見しました。本当に効果があるのかな?

HO-12M マグネットオイルフィルター 1個 男前モノタロウ 【通販モノタロウ】 89199607

マグネット付ドレンプラグ(パッキン付) BRIDGE パッキン 【通販モノタロウ】 SP-403~

共通テーマ:自動車

超入門!落語 THE MOVIE - NHK [テレビ]

超入門!落語 THE MOVIE - NHK

こんな番組があったことを知りませんでした。今日は「猫の皿」と「三方一両損」ですが、来週の水曜日には私の好きな「はてなの茶碗」が放送されます。必見ですね。

NHKといえば、ラジオも素晴らしいです。いま、永井荷風 の『断腸亭日乗』<全20回>のうちの、14回から20回までが聞けます。

ストリーミングを聴く - 朗読 - NHK

昨日は14回を聴いてみたのですが、大日本帝国などと何にでも「大(great)」をつけるのは北米人の猿真似で恥ずかしいとか、軍部は民を飢えさせるばかりで、それで国を強くしようとしているなんて、バカじゃないかと荷風が痛烈に非難しているところにしびれました。さすがは荷風散人です。

ついでにいうと、「高見順の敗戦日記より」や「夏目漱石 坊っちゃん」の朗読も聴けます。

年を取って本を読むのが億劫になってきた方は、こういう朗読を聴くのもいいと思います。



共通テーマ:テレビ

ユーザー車検の動画 [クルマ]

この動画もたいへんわかりやすいです。

こういうご時世ですから、自分でできることは何でも自分でできるようになったほうがいいですよ。





共通テーマ:自動車

ポンコツ [雑感]

この数ヶ月、YouTubeでクルマの修理の動画をよく見るようになった。ポンコツ自動車がふつうに走れるようになっていく姿を見るのが自分にとっての癒やしになっている。

自分自身が齢を重ね、身体や精神のあらゆる部分に支障をきたしつつある現在、ポンコツであってもきちんと手を加えてやると少しはましになったり、新車同様に動けるようになるというのを目で見て確認できるのは、精神安定剤として絶大な効果を発揮する。

クルマや機械いじりに興味のない人にとっては、貧乏なおじさんが節約のために自分で車をいじっているだけにしか思えないのだろうが、それだけではまったくない。映画や小説のように心の肥やしにはならないかもしれないが、回春効果はあるように思える。

爺になってくると、自分の生活に必要なことはたいてい学習済みなので、あらたに学ぶことは少なくなっていく。それにもかかわらず、自分の専門分野以外のことに手を出すと、世の中には自分の知らないことにあふれていることを確認でき、その都度その都度いろんなことが発見できるのは心を高揚させる効果がある。

近頃は生きていても楽しいことに遭遇することはめっきりなくなった。子供も成長し、私の手を離れつつあるので、子育ての楽しさも失われつつある。妻はとうの昔に別の世界に生きているので、いっさいの交流はない。だから、家に居ても一人。友達はいるけれども、本気で気持ちを通わせられる人は誰一人いない。オヤジというものはたいていそういうものかもしれない。そんな中でも、せっせとYouTubeにクルマいじりの動画を上げてくださっている方たちと無言の意思疎通ができていることは、私にとって大きな慰めになっている。

私みたいなポンコツは、実のところ、いくら手を加えても、死ぬまで廃車寸前の状態を維持していかなければならない。能力が向上するはほとんどない。生きていても日々悲しさが募るだけだ。しかしながら、機械が部品交換によって生まれ変わっていく姿を見ていると、まるで私も機械のように生まれ変われるのではないかと錯覚することができる。そして、ふたたび誰かのお役に立つことができるかもしれないと思うことができるのだ。

LLCの交換方法について勉強中 [クルマ]



奥山さんの解説は大変わかりやすくて、よく理解できました。しかし、奥山さんの紹介している方法は、エアコンプレッサーが必要になので、素人の私には難しいものです。もっと簡単な方法はないのでしょうか。

しっかり環境に配慮しているホンダの車は、ラジエーターのドレンコック以外にも、エンジン内部に溜まっているクーラントを抜くためのドレンコックがあるらしいですが、初耳でした。ネットで検索してもそういう情報を見たことがないので、驚きました。




この動画を見るのは3度目です。奥山さんの動画を見てから、こちらを見ると不安になりますが、奥山さんとは違ってエアコンプレッサーでウォータージャケットの中に空気を送り込まないので、サーモスタットの下にエアが溜まることはないのでしょう。

私はこちらの方法を採用することにします。





共通テーマ:自動車

大掃除の時期 [雑感]

12月の終わりになってから、大掃除に着手しても遅いので、今のうちに少しずつできるところから片付けている。11月の初旬には台所の壁の油汚れをきれいに掃除したし、階段の油汚れや皮脂の汚れも掃除した。

今日はリビングルームと長男の部屋の窓の一部の作業を行った。掃除は簡単なのだが、窓に貼り付けているプチプチの断熱材を貼り替える作業が大変だった。劣化したビニールの鱗を落とす作業や、妻が結露を受けるために貼り付けておいたスポンジの接着剤が劣化したものを剥がすのに苦労した。

他には大掃除というより、DIYというべき作業が残っている。もう数年先延ばしにしていることが3つある。ひとつはリヴィングルームのローマンシェードカーテンが壊れているので、新たにウッドブラインドを買って取り付けること。もう一つは床のパイン材のオイルステイン塗装をやり直すこと。そのまえにグライダーで凸凹している表面を削る必要があるので、かなり面倒だ。3つ目は、自分の書斎の壁に漆喰を塗ること。これには3日は優にかかる。部屋をしばらく密閉していると家具などから発するホルムアルデヒドで臭くなるし、ジメジメした季節には湿気でカビることがあるので、その湿度調整を期待している。これらの3つの作業をするには、相当の経済的・時間的余裕が必要なので、数年がかりになるだろう。

年をとると、だんだん腰が重くなっていく。

2016-11-26 [雑感]

木曜日は学生を相手に文学(物語論)の話をし、金曜日は音楽と映画と哲学と教育と科学の話をして、夜は長男を相手に哲学と宗教と科学と文学と美術と歴史の話をし、今朝は次男を相手に政治と経済の話をしているうちに、しだいに気持ちが晴れてきた。

ふつうの教師は授業中にそういう話はしたがらないし、することもできないだろう。ましてや、家庭で、子供相手にそんな話をする親なんていないだろう。でも私はそういう話が大好きなタイプ。実家に帰れば、話し好きの母親を相手にアカデミックな議論が始まるのが恒例なのだ。私はそういう奇特なタイプなので、周囲から浮きまくっている。ある程度世間話もできるが、そんな話は好きではない。だから、世間話が始まると、急に黙り込んでしまう。逆に、うちの妻は世間話しか出来ないタイプ。話題がきわめて限定されているし、妻と話をしても何一つ学ぶものがない。interestingな話ができないのである。「interestingな話」とはinterest(金利)がつくような話である。「ためになりました」「勉強になりました」という話である。だから、妻とまともな話はできないし、妻の方も、私の話についてこられないので、いつも私が話し始めるとうんざりした顔をする。そのたびに悲しみに沈み、精神を病んでしまう。

それはそうと、妻以外の人達のおかげで、元気を取り戻せたので、昼間、クルマのスパークプラグ交換をする前に、数週間ぶりにジョギングをしてみた。8月の半ばに左膝の半月板を損傷して以来、2度目のジョギングだ。今日も2キロ。前回は、翌日に激しい筋肉痛に襲われた上に、問題のなかった右膝の外側の靭帯までピキピキ言いだして、ふたたび不安にさいなまれてしまった。しかし、今回は、いまのところ何も問題は起きていない。

このまま膝の調子が悪くならなければ、短い距離でもいいので、ふたたび定期的に走ることにしたい。以前のように6キロ〜10キロを週に数回走るようなことは無理だろうが、2キロ程度でも、脚の筋肉の維持ができるはずだ。




スパークプラグを交換しました! [クルマ]

カウルトップの外し方|フィット/ホンダ|整備手帳|J'sFIT|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

プラグ交換方法|フィット/ホンダ|整備手帳|J'sFIT|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

上のサイトを参照して、スパークプラグを交換しました。取り付けたのはNGKのイリジウムDF DF6A-13B 95390。全部で4本です。

上記サイトではワイパーモーターを外していますが、プラグ交換のときはそんなことをする必要はありません。外さなければいけないのは、フロントサスペンションの交換をするときのようです。

フィットGE6はエンジンルームが狭いので、非常にメインテナンス性がよくありません。カウルトップパネルを外すまでに1時間以上かかり、結局なんだかんだで2時間半ほどかかりました。ずっと腰をかがめて作業をしていたので、腰が痛くなってしまいました。

IMG_3732.jpg

IMG_3733.jpg

IMG_3738.jpg

イグニッションコイルはきれいですから、寿命が来るのはまだまだ先だと思います。安心して乗れます。

デンソー プラグの基礎知識 不具合の診断方法

プラグに起こる現象と対処方法|NGKスパークプラグ プラグスタジオ

ときどきは高速走行をしないと「くすぶる」らしいです。

IMG_3739.jpg


カーボンの付着は、短距離走行の繰り返しのよって起こるものとのこと。愛車のプラグは、すくぶりと焼け焦げの間くらいですから、走行距離を考えたらまあまあ適正な状態のようです。

IMG_3741.jpg

イグニッションコイルは日立製です。

IMG_3742.jpg

純正は、NGK DIFR6A 13Gでした。

IMG_3747.jpg

IMG_3754.jpg

IMG_3755.jpg

IMG_3757.jpg


IMG_3760.jpg
交換後、スーパーに夕食のカレーの食材を買いにひとっ走りしてみたのですが、気づいたら法定速度を超えていました。いつもと同じようなペダルの踏み具合なのに、かったるくなりません。軽い感じで加速します。プラグの保証が10万キロまでですし、8万キロ近くも走っているのですから、さすがにプラシーボ効果ではないと思います。

残りは、ファンベルト交換、ブレーキフルード交換、LLCの全量交換、リアブレーキのチェックですが、めんどうなので、作業はやはり来年ですかね。

共通テーマ:自動車

自分の周りの状況を注意深く観察していると、いろんなことがわかるものだが。 [雑感]

自分の周りの状況を注意深く観察していると、いろんなことがわかるものだ。

近頃、近所(首都圏)を走っているクルマや、駐車場に止まっているクルマを見ていると、古いものが多くなった(都心は知らない!)。車検を3回は優に通したような、7年以上前の型式のクルマが目立つのだ。おそらくその多くは10年を超えているに違いない。ちなみにうちの車も来年9年目を迎えるが、少なくともあと2回車検を通して13年は乗るつもりでいる。

現在、クルマの寿命は平均で13年と言われている。新車で買ってから2度目の車検を受けずに5年で手放すリッチな人もいるのだろうが、その後、中古車として市場に出回り、13年以上使われることになる。この数字は平均だから、20年以上走っているものも多いはずだ。

そんな状況だから、新車がやたらと目立ってしまう。この場合の目立つというのは、めったに走っていないから、回りから浮き立って、光り輝いて見えるということだ。その多くは、高級車だ。アウディなどの輸入車の場合もあるが、とりわけ私の近所ではレクサスが多い。

このことから察するに、多くの人々はクルマにお金をかけなくなってきているということなのだろう。庶民はますます貧しくなってきている。その背景には、当然だが、グローバル化と少子高齢化による日本経済の疲弊があることは明らかだ。およそ4年後に迫る東京オリンピック後の日本経済の疲弊がいまから恐ろしい。

庶民が年々貧乏になってきているのだから、当然、自動車は売れなくなる。そのため、メーカーも魅力のないクルマしか作れない。よって、日本の自動車業界の再編が進行し、ますます競争が減り、同じようなクルマしか作られず、自動車の魅力が薄れていく。よって、自動車は売れなくなっていき、メーカーは海外に活路を見出し、工場を移転し、それによって、日本経済はますます落ち込んでいく。悪循環である。

自民党は都合の良いデータのみを使ってアベノミクスで経済が潤っているなどとたわけたことをしきりに喧伝するが、実際のところ、庶民の家計は年々厳しくなっていることは、庶民ならば誰でも知っている。将来への不安も日々膨らんでいくばかりだ。また、経済格差も広がっていることも痛感している。

問題の根源はアベノミクスだけではないけれども、このまま安倍政権が続いている限り、日本の将来にとって良いことはない何もないだろう。しかし、世の中の多くの人は現状に不満を感じていないらしい。悪化の進行速度が遅い限り、自分たちの心臓がいずれ近いうちに停止することに気づくのは難しいのかもしれない。

冒頭に、私は「自分の周りの状況を注意深く観察していると、いろんなことがわかるものだ」と書いたが、この状況に気づかない人というのは、自分の周りを冷静に観察するための時間すら奪われている「犠牲者」であるに違いない。

フランコ・ゼフィレッリ監督、『ハムレット』(1990年、米英仏) [映画]

ハムレット (1990年の映画) - Wikipedia

Amazon | メル・ギブソン ハムレット [DVD] -映画

主演はメル・ギブソン。音楽は『荒野の用心棒』(1964年)のエンニオ・モリコーネ。

ウィキペディアによれば、原作にはない場面が3つあるという。冒頭の先王の葬儀、ハムレットによる手紙のすり替え、ローゼンクランツとギルデンスターンの処刑場面である。しかし、シェイクスピアの『ハムレット』のあらすじを復習するのに非常に都合の良い映画だ。髭面のメル・ギブソンも格好いい。映像があるほうが、脚本を読むよりも理解しやすいし、なによりも当時の衣装を見せてもらえるのがありがたい。

hamlet1990_1.jpg

ハムレットの父親であるデンマークの国王が実の弟に毒殺され、母親が父の弟の王妃となる。殺された父親が亡霊となってハムレットの前に現れ、事の顛末を語る。

hamlet1990_2.jpg

hamlet1990_3.jpg

hamlet1990_4.jpg

父の亡霊が語る話が事実なのかどうかを確かめるために、ハムレットは役者たちを使って、父親が毒殺される場面を再現し、現国王に見せる。

hamlet1990_5.jpg

"To be or not to be. That is a question."

hamlet1990_6.jpg

hamlet1990_7.jpg

hamlet1990_8.jpg

hamlet1990_9.jpg

オフィーリアを演じているのはヘレナ・ボナム=カーター。『眺めのいい部屋』『チャーリーとチョコレート工場』『ハリーポッター』シリーズ等、名だたる作品に出演している言わずと知れた大女優である。

ハムレットはオフィーリアを妻とし、彼女は王妃となる予定だったが、身分の違いを理由に現国王に反対されている。ハムレットは彼女を守るために(?)「尼寺へ行け」と命ずるのだが、ハムレットの言動によって彼女は次第に精神が狂わされていく。

hamlet1990_10.jpg

現国王が兄を殺したことへの良心の呵責に苛まれ、キリストの像に向かって、悔恨しているところをハムレットは発見し、後ろから殺害することを考えるが、しかし、この状況では罪を悔いている瞬間に殺害すれば、天国に行ってしまうと考え、殺害は別の機会に延期する。

hamlet1990_11.jpg

ハムレットは事情を知らない母に呼び出されるが、盗み聞きしていた側近のポローニアスを現国王だと勘違いし、彼を殺害。

hamlet1990_12.jpg

激怒した現国王は、ハムレットをイギリスに送り、イギリスで殺してほしいという信書を送る。しかし、ハムレットは機転を利かせて、信書を取り替え、デンマークに戻ることに成功する。帰郷するやいなや、恋人のオフィーリア(ポローニアスの娘)が精神を病み、溺死してしまったことを知る。


hamlet1990_13.jpg

hamlet1990_14.jpg

hamlet1990_15.jpg

hamlet1990_16.jpg

オフィーリアの兄レアティーズは怒りと憎しみを抱え現国王のもとにやってくるが、現国王にそそのかされ、ハムレットと剣の試合を行う段取りを付けられる。

hamlet1990_17.jpg

hamlet1990_18.jpg

現国王は、試合の最中に、毒を入れた酒を飲ませてハムレットを殺そうとするが、その祝杯を王妃が飲んで死んでしまう。

hamlet1990_19.jpg

母をも殺した現国王への怒りに燃えたハムレットは親友のレアティーズを剣で突き刺してしまう。一方、ハムレットはレアティーズが毒を塗った剣で体を切られてしまう。死の直前、ハムレットは父親の亡霊の願いを果たすために現国王を殺害し、家臣たちに見守られながら静かに息を引き取っていく。

今回、改めて、『ハムレット』のあらすじをなぞってみたが、本当に優れた作品であることを再認することができた。


共通テーマ:映画