So-net無料ブログ作成
検索選択

プレッツェルとチゲ [料理]

午前中はプレッツェルを10個焼いて、夜は手抜きのチゲ。鍋は楽だ。

IMG_2537.jpg

IMG_2539.jpg

IMG_2540.jpg

今日は、いつになく気分がいい。バイオリズムみたいなものがあるのかなあ。きちんと計測すれば、憂鬱なときと陽気なときとの周期があるのかも。

12月から1月にかけては、仕事に追われ、エンディングノートを書くほど屈託した気持ちになっていたのだけれど、2月に入ってから急にさっぱりした気分に変化した。明日(29日)で2月は終わりだが、3月も爽快に乗り切りたい。

このところ映画を見ていないので、そろそろまた再開したい。さっき少しだけ『スイングガールズ』と『ウォーターボーイズ』のいいところだけを見なおしてみた。頑張っている子供たちを見ていると、かわいいなあという思いが湧き上がってきて、不思議と泣けてくる。『スイングガールズ』の竹中直人扮する楽譜は読めないがジャズへの思いは誰にも負けない先生って、最高の先生だと思う。

昨日と今日の夕飯 [料理]

昨日の夕食は、レバニラ炒め、もつ煮込み、じゃがいものバター煮、ロメインレタスのサラダ。

IMG_2534.jpg

今日の夕食は、鶏とゴボウとエリンギの唐揚げ、豚汁。

IMG_2536.jpg

夏目漱石、『こころ』 [本]

IMG_2526.jpg


こころ 坊っちゃん (文春文庫―現代日本文学館)

こころ 坊っちゃん (文春文庫―現代日本文学館)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1996/03
  • メディア: 文庫



「私」が私淑する「先生」が、良心の呵責に苛まれ続け、自殺してしまうという話。

「先生」は、父親の死後、叔父に騙され、財産を奪われ、誰も信じられないという孤独感にさいなまれる。東京に出た後、下宿先のお嬢さんに心を惹かれる。にもかかわらず、友人Kを無理やり同居させ、「お嬢さん」に惚れさせておいて、卑怯にも自分で彼女を奪ってしまう。その結果、Kは自殺に追い込まれてしまう。「先生」は被害者面して生きてきたくせに、自分が加害者になっていることに気づく。お嬢さんと結婚した後も、孤独感とKに対する良心の呵責に苛まれ、自殺衝動にかられ続ける。ふとしたきっかけで生活の中に自分を私淑する青年が入り込む。自分の苦しみを告白する相手と、ひとりぼっちになってしまう妻の預け先を見つけたことで、「先生」はようやく自殺を決意する。

時間順に直すとこういう流れだが、物語は、「私」が「先生」と鎌倉の海岸で知り合う場面から始まり、最後に、先生書いた長い遺言の手紙が、瀕死の父の看病中の「私」のもとに届くという形式で書かれている。

まさに「こころ」という題にふさわしく、面倒くさい人間の心模様が丁寧に描き出されている。善い人間になりたいという気持ちとは裏腹に、「先生」はおのれの性根の悪さを発揮してしまう。人間らしい苦しみだが、感受性の鈍った中年男には理解し難いところがある。

鶏もも肉のみそだれ照り焼き [料理]

鶏もも肉のみそだれ照り焼き
http://www.orangepage.net/recipes/detail_114185

IMG_2528.jpg

他に、クラムチャウダーも作りました。

石窯パン、一口カツ、煮浸し [料理]

IMG_2523.jpg

石窯パン。

IMG_2524.jpg

一口カツ。カナダ産の豚ロース肉の塊がやすかったので、作ってみました。

IMG_2525.jpg

小松菜と油揚げの煮浸し。

テレビで放送された映画を録画したブルーレイディスクが膨大な数になってしまったので、今日はその整理をしています。購入したばかりの3TBのハードディスクに入れているのですが、時間がかかってしょうがないです。

作業中に、料理をしたり、買い物に行ったり、本を読んだり、犬の散歩に行ったり、この時期は完全に主夫をやっています。

今日は朝一番でクリニックに行って血液検査を受け、ついでに花粉症の薬を処方してもらってきました。5000円の出費は痛いです。しかも、私の話なんていっさい耳も傾けずに、「なぜ1年も検査に来ないのか」と先生に最初から最後まで叱られ通し。踏んだり蹴ったりです。患者のことを考えてくれているのか、経営が危ないのかわかりませんが、患者にストレスを与えるような医者は絶滅して欲しいです。それではなくてもストレスは身体に悪いのに、医者にまでストレスをかけられたら、さらに体調が悪くなってしまいますよ。10日から2週間後に検査の結果を聞きに行かなければなりませんが、その後は別のクリニックに替えようと思います。

島耕二監督、『銀座カンカン娘』(1949年) [映画]


銀座カンカン娘 [DVD]

銀座カンカン娘 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 新東宝映画 オフィスワイケー
  • 発売日: 2010/10/12
  • メディア: DVD



銀座カンカン娘 - Wikipedia

『銀座カンカン娘』はギャグ満載のコメディであり、そのうえ歌と落語を楽しめる作品である。高峰秀子のファンならずとも、彼女のまんまるな笑顔に癒やされるだろうし、それよりもなによりも貴重なのは、古今亭志ん生の落語が映像付きで聴けるだけではなく、志ん生の演技まで見られることだ。それだけでも、大傑作と言える。

物語は、要約すると、高峰秀子と笠置シヅ子が歌で古今亭志ん生を救って、高峰秀子が結婚するというもの。志ん生(本人の役)夫妻が借りている一軒家に居候しているお秋(高峰秀子)と、その居候のお春(笠置シヅ子)は、ともに孤児。彼女たちは困窮生活を脱するために、偶然街で知り合った巨漢の白井哲夫(岸井明)の誘いに乗る。銀座のバーで「流し」を始めた彼女たちは「銀座カンカン娘」で大儲け。

志ん生は落語会から引退したため、お金に困っており、家主に家を追い出されそうになる。しかし、お秋とお春自分たちがは稼いだお金でその窮状を救う。志ん生も、生きている間は仕事をしなければならないと考え直し、ふたたび落語を始める。同じく志ん生の家に居候になっている武助(灰田勝彦)が運悪く会社をクビになってしまう。お秋(高峰秀子)は武助を誘い、それぞれペアで流しをして稼ぎ始めるのだが、ヤクザに因縁をつけられて、武助は殴られてしまう。しかし、わざと殴られている武助の態度にお秋は心を奪われ、最後には子連れ結婚(武助には妻がいないが、子供がいるという設定)をするという話。志ん生は、東京を離れる二人と、自分の落語復帰を祝す会を催し、(私が志ん生の落語で一番好きな演目である)「替り目」を披露する。ここも見どころ。

ginza_1.jpg

左のお婆さんは浦辺粂子。といっても、当時47歳だ。一番右にいるのが武助(灰田勝彦)。

ginza_2.jpg

お秋(高峰秀子)は、武助を歌でお見送り。まるでミュージカルだ。

ginza_3.jpg


ginza_4.jpg

お秋(高峰秀子)は腰にシーツを巻いている。このシーツはお春(笠置シヅ子)のもの。居候の居候であるお春には着る物がなく、シーツを巻いて暮らしている。志ん生たちとご飯を食べるときも交代制で、この時はお秋がお春に服を貸している。

ginza_5.jpg

志ん生が「疝気の虫」をさらっているところ。こんな貴重な映像は、この映画でしか見られない。

ginza_6.jpg

ginza_7.jpg

ginza_8.jpg

この後、お秋(高峰秀子)がヤクザにからまれ、武助(灰田勝彦)がやっつけるのだが、復讐されてしまう。

ginza_9.jpg

岸井明は日大相撲部出身のコメディ俳優。150キロ以上の巨躯を活かした笑いがいっぱいだ。残念ながら、彼は54歳で亡くなってしまったそうだ。

バディ・ヴァン・ホーン監督、『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』(1980年) [映画]


ダーティファイター 燃えよ鉄拳 [DVD]

ダーティファイター 燃えよ鉄拳 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



ダーティファイター [Blu-ray]

ダーティファイター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



ダーティファイター 燃えよ鉄拳

Any Which Way You Can - Wikipedia, the free encyclopedia

クリント・イーストウッド主演の痛快アクションコメディ。男同士の友情(ボーイズラブ?)の物語になっている。『ダーティー・ファイター』シリーズの第2弾。前作は『ダーティファイター』(Every Which Way But Loose)。

anywhichway_1.jpg

喧嘩の強いファイロ・ベドー(クリント・イーストウッド)は、ストリートファイト(bare knuckle match)の賭け試合に出て、賞金稼ぎをしている。地元のギャングからファイロにジャック・ウィルソン(ウィリアム・スミス)との対戦の依頼が舞い込む。カネ欲しさにいったんは引き受けるのだが、対戦相手の本人と知り合い、彼の腕っ節の強さがわかるとその依頼を断ってしまう。怒ったギャングは、ファイロの恋人リン(サンドラ・ロック)を誘拐。だが、ファイロはジャックに協力を仰ぎ、彼女を取り戻すことに成功する。二人は、ギャングに金儲けをさせるのは気に入らないという理由で試合をすっぽかす。そのニュースが伝わると、賭けをしていた人々は諦めて三々五々帰り始める。ところが、ファイロとジャックは、やはり男たるもの決着をつけなければならないと思い直し、誰もいない倉庫の中で殴り合いを始める。だが、警官に気づかれ、ニュースがいっせいに広まり、大勢の人々が集まってきてしまう。最後は、粘り腰のファイロの勝利で勝負がつき、めでたしめでたしというお話だ。

ファイロ(クリント・イーストウッド)の相棒はオランウータンの「クライド」。この作品は、オランウータンの使い方が素晴らしい。脚本もよくできていて、何度も笑わせてもらえた。

anywhichway_2.jpg

ファイロに復讐を果たそうと企む中年暴走族たちが、ファイロに道路工事のアスファルトで固められてしまうシーン。この後、彼らは髪の毛と一緒に剥がすハメになる。

ファイロはリンと一晩過ごすためにモーテルにやってくる。ファイロは相棒のクライドのために、動物園からメスのオランウータンを連れ出し、ひと部屋取ってやる。すると、興奮したクライドは暴れまくる。その大きな音を聞き、老夫婦に盛りがついてしまうのだ。

anywhichway_3.jpg

anywhichway_4.jpg

anywhichway_5.jpg

ファイロの留守中に彼の命を狙ってギャングたちが家を襲撃したことを知らせるために、老いた母親がモーテルにやってくる。そこでモーテルの管理人のおじさんと仲良くなって、こういう妄想モードに入るのだ。

anywhichway_6.jpg

anywhichway_7.jpg


anywhichway_8.jpg

中年暴走族のカツラ姿が笑える。

anywhichway_9.jpg

試合前にジョギングする二人。このとき、ファイロはリンが誘拐されているという話をジャックに話す。

anywhichway_10.jpg

ジャックはファイロに恨みはない。ただ(男らしく)自分の強さを試してみたいだけ。だから、誘拐をするような悪事は許せない。ということで、彼らは協力して、リンの身柄を確保する。

anywhichway_11.jpg

一仕事終えた彼らは、このまま済ますわけにもいかず、別れる前に一勝負を始めてしまうのだ。

anywhichway_12.jpg

警官に目撃される。この後、熱気で窓が曇っている様子が映る。なかなか芸が細かい。

anywhichway_13.jpg

大金持ちを乗せた小型飛行機が飛行場から道路を走ってやってくる。

anywhichway_14.jpg

殴ったり、殴られたりが延々と続く。ふたりともタフだ。

anywhichway_15.jpg

anywhichway_16.jpg

anywhichway_17.jpg

ファイロは腕を折られるが、ジャックを30秒間ダウンさせたことで、勝利宣言する。もちろんこれで終わりではなく、もう一展開あるのだが、それは見てのお楽しみ。

『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』(1980年)はコメディーの見本のような作品だ。ストーリー展開はやや不自然なところもあるが、脚本のできが良いので気にならない。私にとっては大いに楽しめる作品だった。本人が歌っているのかどうかわからないが、サンドラ・ロックの歌も聞ける。ちなみに当時彼女はクリント・イーストウッドと同棲していた。


たらとじゃがいものチーズ焼き&チキンのマスタードマヨ焼き [料理]

IMG_2510.jpg

たらとじゃがいものチーズ焼き
http://www.orangepage.net/recipes/detail_112847

以前、タラではなくタコを、バターではなくオリーブオイルで作ったことがありますが、こっちのほうがうまかったです。ベーコンは使いませんでした。

IMG_2511.jpg

チキンのマスタードマヨ焼き
http://www.orangepage.net/recipes/detail_132952

これは失敗。ブロッコリーは先に茹でておいたほうが良かったです。乾燥してしまって、食べづらかったです。


トマトカレー:ポイントはトマト缶とキャベツ(とセロリ) [料理]

昔はよく試験問題の裏にカレーの作り方を書いて、単位をもらったという話を聞いたものだが、あれは本当だったのだろうか。都市伝説? それはそうと、今回は私流のカレーの作り方を紹介したいと思う。残念ながら、写真は撮り忘れた。ポイントはトマト缶とキャベツ(とセロリ)だ。


肉(牛、豚、鶏、羊など)
玉ねぎ2個(食べやすい大きさに切る)
にんじん1本
きのこ1パック
刻んだキャベツ(芯も刻んでいれるといい)
皮付きのままの小さい新じゃが(入れたいだけ)
セロリ
トマト缶1つ
水(トマト缶と同じ分量かやや少なめ)

肉は食べやすい大きさに切って、圧力鍋の底に敷き詰めてしっかり焼き目を入れる。鍋底にこびりついても問題はない。昨日は、牛のバラ肉の巨大な塊を安く手に入れられたので、それを使った。

じゃがいもは切ると、煮崩れするので、新じゃがの季節は新じゃがをまるごと使った方がいい。

野菜が多ければ、水分が出るので、水は少なめにしておく。

圧力鍋で30分ほど煮込み、1時間ほどたったら、ルーを溶かし入れる。

ふつうのカレーとの大きな違いは、圧力鍋、トマト缶、キャベツを使っているところ。これで味が格段に違ってくる。

他に、スパイスを入れるのもいいけれど、あまりやり過ぎると、子供ウケが悪くなるので注意。

セロリを入れると、よりさっぱりとした夏っぽいカレーになるので、それもオススメ。香りがよくなるが、苦手な人は無理に入れなくてもいいだろう。昨日のカレーには入れなかった。

トマトは、トマト缶がもっとも安価で良いのだが、代わりにトマトピューレやトマトジュース、トマトの味の濃い野菜ジュースを入れてもいい。ただ、にんじんやリンゴがたっぷり入ったジュースはかなりまずくなるから絶対に使ってはいけない。

中には、インスタントコーヒーを入れたり、ココアやチョコレートを入れたりする人もいるが、私はしない。そういう人は苦味がほしいのかもしれない。

リンゴを入れる人もいるが、甘くなりすぎるので、私はおすすめしない。

ふつうのカレーとは違ってやや色が赤っぽいので、緑黄色野菜のサラダをつけると、食卓が彩りが豊かになって気分が高揚すると思う。

トマト缶とキャベツはぜひ試してみてほしい。