So-net無料ブログ作成
検索選択

ファーストフードは意識の低い貧乏人の食べ物というのは間違い [英語]

No, poor people don't eat the most fast food - CNN.com

アメリカでも日本でも、おそらく全世界的に、貧乏人がファーストフードを食べているという印象があるが、それは思い込みに過ぎず、お金持ちもファーストフードが好きであるという調査結果が発表された。

ドナルド・トランプもウォーレン・バフェットも、ビル・ゲイツもファーストフード好きを公言しているほどだから、ファーストフードが貧乏人の食べ物というのは、言いすぎなのだろう。

これは日本でも当てはまると思う。我が家はお金がないので、マクドナルドを含め、ラーメン屋やそば屋(いずれも日本ではファーストフードだと認識されていないのが不思議!)ですら、めったに行けない。家族4人で食べたら、3000円から4000円もかかってしまう。給料の上がらない不景気な時代に、そんな贅沢はそうそうできるわけがない。

それはさておき、英語の表現で面白いものを発見した。

"...when they were in their 40's and 50's. "

"We're all loving it"

最近はいずれもよく見かけるものだが、文法的には間違っている。 40'sと50'sのアポストロフィーはいらないし、loveを進行形にしてはいけない。アポストロフィーがいらないのは、40代、50代は40歳、41歳などと複数あるのだから、複数形であるべきだからだ。

loveの進行形の方は、マクドナルドが広めたことを受けているので、必ずしも迂闊な間違いとは言いきれない。しかも、イギリスの文法書にも、このような状態動詞でも、最近は進行形にすることもよく見られ、認められつつあると書いてあるほどだ。

余談になるが、近頃では「ファーストフード」を「ファストフード」と表記するようになっているが、そんなふうにわざわざ区別する理由がわからない。firstとfastはそれぞれファーストとファストと発音されるわけではないのだから、余計な混乱を引き起こすだけであると思う。むしろfast foodもファーストフードと発音したほうが、原音に近く、通じやすいと思う。ファストフードだと、原音からよりいっそう遠ざかってしまう。