So-net無料ブログ作成

安倍政権の自殺点 [雑感]

閉会中審査でネトウヨ自民党議員たちが前川前次官に卑劣な質問浴びせるも次々返り討ちに! 逆に詭弁と嘘を暴かれる醜態|LITERA/リテラ

「たまたまお友達から話が来たから飛びついた」前愛媛県知事が加計学園との関係を自ら曝露、まさかのオウンゴールに | BUZZAP!(バザップ!)

前川喜平氏、怒りの反論「そんな事実ない」 菅官房長官に憤る【加計学園問題で閉会中審査】

安倍政権側が何を言っても、すべて「印象操作」にすぎず、すべてウソにウソを塗り固めているだけであるという印象しか最早なくなってしまった。しかも、愛媛県の元知事が、安倍政権とのズブズブの関係であることを暴露してしまった。まさに「語るに落ちる」である。

ふつうは、いったん信頼が失われれば、しばらくは何をしても回復しないものだ。マクドナルドのチキンナゲットはいくら安くてもいまだに注文できないのと同じである。タカタのエアバッグが使われているクルマにわざわざ乗りたいと思うだろうか。雪印の牛乳を好んで飲んでいる人がいるのだろうか。不二家のケーキをもらってありがたがる人がどこにいるのだろうか。

「内閣改造」を行えば、若干支持率は上がるのはいつものことだが、すぐさま急落するだろう。秋までには20%台に落ち、安倍政権がレームダックになることは間違いない。森元総理のときのように10%になってしまうこともありうる。機を見るに敏な女性の支持率が20%台であるらしいから、ファンタジーの世界に生きる男性の支持率も数カ月後にはそれに追いつくのは間違いない。