So-net無料ブログ作成
検索選択

ボクらは「貧困強制社会」を生きている [雑感]

「追い出し屋」に全て奪われた50歳男性の苦悩 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本田圭佑みたいに自己責任論を唱える人たちは、自分が同じ目にあったときに、社会構造の欠陥を無視して自分だけが悪いと言えるのだろうか? 

大学は、自分の価値を高めるための学問のみならず、社会を良くするための学問を学ぶ機関である。近頃は、この2つの目的を理解しないまま、自分の利益のみを追求する者がいる。彼らは誰のお陰で現在の幸福な生活を享受できているのかきちんと考えるべきだ。人は、自分の利益を追求することが社会の利益になるような生き方をすべきであるということを、大学の先生たちは必ず学生に教える必要がある。幸福な生活を送れない他者が増えれば増えるほど、自分の幸福な生活も危険に晒されることになるのだから。