So-net無料ブログ作成
検索選択

LとR、装置で聞き分け改善 日本の研究チームが開発 [英語]

LとR、装置で聞き分け改善 日本の研究チームが開発:朝日新聞デジタル

LとRの聞き分け、5日で90%に 英語の新学習法開発、脳活動を可視化 情報通信研究機構 - SankeiBiz(サンケイビズ)

世間では日本語のネイティヴスピーカーはLとRの聞き分けが苦手であるとまことしやかに言われている。しかし、世間で言われているほど、その聞き分けは難しいものではないと思う。

私自身もさほど困ったことはないし、学生たちも特に問題は感じていないようだ。Lの音は軽くて短いし、Rはこもった感じで長いので、その感覚さえつかめれば、わざわざそんな装置を使って5日間もトレーニングをしなくても大丈夫だ。

さらに、単語のみで聞き分けができなかったとしても、通常、言葉には文脈があるから、RightとLightを聞き間違えることはまずない。

きっとこの研究チームはイグノーベル賞を狙っているのだろう。

他にも、聞き分けにくいものとして、DとB、PとB、FとVなどがあるが、この装置はそちらにも応用できるのだろうか。